趣味

2012年5月28日 (月)

色々考えたあげく、「新しいiPad」を手放して、新しいガジェットを買っちゃいました。

タイトルの通り「新しいiPad」を手放してしまいました。


発表直後に予約をして発売当日に手にしたのですが、仕事がある日は毎日MacBookProとiPhoneを持ち歩いているので、休日もしくは旅行中以外に活躍の場を見つけることができなかった、というのが大きな理由です。


手放したのが、まだ64GBのWi-Fi版が品薄だった頃でしたので、定価とほとんど変わらない値段をつけてもらうことができました。


そして、手に入れたお金で買ったのがこれ。


DSCN2675


GARMIN社の【Edge 800J 】です。 (国内での公式サイトはこちら


これが何かというと、サイクルコンピュータとしての機能を備えているポータブルGPSでして、自転車の速度、ペダルを回す速度、心拍数などを管理することができるものです。


iPhone用に下のような専用のアダプタを装着して、それに対応するセンサーを用意すれば同じことができるのですが、唯一の音声通信手段であるiPhoneのバッテリーはできるだけ温存しておきたい、ということで専用のものを購入することにしました。



購入後、ロードバイクに取り付けて100kmほど走ってみましたが、GPSの感度はiPhoneの方が上かな? という気がしています。 
まぁ iPhoneは3GとWi-Fiの電波も位置情報の検出に利用しているようですから、差が出るのは仕方ないのかもしれません。


カタログ上では15時間の連続使用が可能ということでしたが、連続2時間の使用でバッテリーの残が85%でした。 おおむねカタログ通りと言ってよいのかもしれません。


この夏に、100km overを走るイベントに参加する予定なので、大いに活躍してもらいたいところです。


あ、もちろんiPhoneも持って一緒に走りますよ。 ハンドル周りにつけるかどうかはまだ未定ですが。

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

仕事場での【BF-01D】【iPhone4S】【iPad】の充電のために、PlugBugを買ってみた。

これまでiPhone4SをUSBで充電しながらインターネット共有(テザリング)を使っていましたが、ネット接続の方法をWi-Fiルータ(BF-01D)に絞ることにしたのでMacBook ProのUSBポートが1つ空くことになりました。


今度はこのUSBポートを使ってBF-01Dを充電しようと思ったのですが、製品に付属していたのはこんなケーブル(USB×2 → mini USB)でした。


NewImage


通常のUSBポート規格は5V/500mAですが、BF-01Dに付属のACアダプタは出力が 5V/1A 。
つまり 「USBポートを2つ使わないと足りない」ということのようです。


MacBook ProのUSBポートは接続する機器によっては1ポートで 5V/1A の出力まで対応してくれるのですが、「機器によっては」というところが少し気になります。


2つのポートをBF-01Dの充電のためにふさいでしまうというのは、どうも気が進みません。


とりあえず1ポートだけで何とかならないかと思ってつないでみたところ、どうやら充電はできているようですが付属のユーティリティ「システム情報」を見ると、MacBook Proからは500mAしか供給していない様子。


「Mac側から供給される分で通信を続けることはできても、充電までは回らないかも」
と不安になったのでとりあえずモバイラー必携のモバイルブースターをつないでみました。


NewImage


これなら2ポート同時に使って1Aを供給することができます。 MacBook ProのUSBポートも使いません。


でも、大きな問題があります。



毎日家に帰ってから充電するのが面倒くさい。



そこで、こんなものを買ってみました。 少し前からネットに登場していたので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。


NewImage


MacBookシリーズのACアダプタに取り付けてUSBポートを追加する「PlugBug 」です。


箱を開けるとこんな感じです。


NewImage


これを


NewImage


こうして


NewImage


さらにMacBook Proのアダプタを


NewImage


こうして


NewImage


こんな風に組み合わせれば完成です。


NewImage


MacBookシリーズで一番小さな Airのアダプタに合うように設計されているようで、我が家のアダプタと組み合わせるとちょっと不格好です。


出力は 5V/2.1A なのでiPadも充電可能です。 ありがたいです。


DSCN2549


早速明日から、BF-01Dと組み合わせて使っていきたいと思います。


| | コメント (1)

2012年3月27日 (火)

モバイルルーター【BF-01D】の方が iPhone のインターネット共有(テザリング機能)よりも快適かもしれない。

昨日 無事に ドタバタの末に docomoのモバイルルータ(BF-01D)が開通したので、早速使いまくってます。


DSCN2535


3G回線使用時のバッテリーの持続時間は公表値で5.5時間となっていますが、昨日使った限りほぼカタログ通りに使用できました。

バッテリーが新品だということもあるのでしょうけどね。



Spec


私は日々仕事をする場所が違うので、SIMフリーのiPhone を docomo網 で使ってインターネット共有(テザリング機能)を愛用しているのですが、Wi-FiでテザリングをするよりもUSBでテザリングした方が若干速度が速いということと、iPhoneのバッテリーが切れてしまうとその後の通話にも支障が出るので常にMacと接続してテザリングをしていました。


もちろん、iPhoneのバッテリーにとってはとてもよろしくない使用状況なわけですが、幸いなことにiPhone4、4Sは比較的簡単にバッテリー交換ができるので(もちろん保証外ですが)、「いざとなればバッテリーを交換しちゃえばいいや」と思ってました。


ところがiPhoneのこの機能は、Wi-Fi側に何もぶら下がっていないと自動的にWi-Fi側を止めてしまうので、私のようにUSBオンリーで使っている時に、iPadを追加で接続しようとすると一度設定画面を開いて「インターネット共有」の画面を開かないと、Wi-Fiの電波が出てこないという問題がありました。


その点、逆にUSBモデム化できないBF-01Dは常にWi-Fiの電波を出してますし、バッテリーが切れてしまってもiPhoneの通話には全く支障がないし、さらには充電しながら使ってバッテリーが弱ってしまってもオプション品として簡単にバッテリーの交換が可能なわけです。


液晶画面がなく、現在の電波状況やバッテリーの残量などを筐体脇のランプの色と点滅状況から読み取る必要があるという点が気になるところですが、ブラウザを開いてIPアドレスを叩けば(デフォルトで【192.168.13.1】)管理画面にログインしなくてもおおよその状況が確認できるのは便利だと思います。


Setting


大きさ的には、上から見た面積でiPhone4Sとほぼ同じ。厚みが倍ぐらいです。 携帯するのに苦にならない、ぎりぎりのサイズですかね。


DSCN2536


それと、これは多分当然のことだと思いますが、通信専用機だけあって iPhoneのインターネット共有よりも安定して接続できているようです。

速度的にも若干速い気がするのと、パケット詰まり現象が起きにくい感じです。(もっと使い込まないと本当のところは分からないと思いますが)


しばらくの間、【 SIMフリーiPhone @ docomo網 】 のインターネット共有機能は緊急時のスペアに回して、BF-01D中心でネット接続していこうと思います。(というか契約上2年縛りですし…)

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

「新しいiPad」のためにdocomoのXiルータを買ってきたんだけど、これは初期不良??

先日「新しいiPad」のWi-Fiモデルを入手しまして、出先ではSIMフリー & docomoなiPhoneのテザリング機能を使ってネット接続をしているのですが、iPhoneのWi-Fiでのテザリングは iPadがスリープ状態になって一度切断されてしまうと再度ペアリングをするのがちょっと面倒なので、思い切ってWi-Fiルータを買ってみました。

docomoのBF-01Dです。

Docomo

Xi(クロッシィ)対応なんてことは田舎の私には全く関係なくて、FOMA網で使えるという点と、出たばかりの製品だというところに惹かれて買った訳です。 残念なぐらいアーリーアダプタです。

FOMAの普通回線からXiのデータ用に契約の変更をしたので、手続きに少し時間がかかりましたが「無事に開通しました」と商品を受け取って帰宅。

家に帰ってケースの裏ぶたを開け、そこに書いてあるデフォルトのSSIDと初期パスワードをメモ。

裏ぶたを閉じて電源ON! MacBook Proから先ほどのSSIDを発見して接続します。

BF01

あれ? なんか変な表示です。

画面の下の方、(3G/HSPA/LTE)は「接続中」になっているのに、上の方「Internet接続モード」は「接続先が見つかりません」になってます。

本体のランプを見てみると、いつまでも赤いランプが消えません。

DSCN2534

docomoのサポートページを見ると、どうやら電波をつかんでいないということを表しているようです。

いやいや、いくら田舎でXiとは無縁でも、FOMAはバリバリですから。 念のために電源を入れ直してみたり、家の中や外をあちこちと動き回ったりしてみましたが、状況はいっこうに変わらず。

店頭で実際に接続状態を確認してきた訳でもないのですが、ひょっとして店頭でテストした時はXiでつながってて問題なかっだけとか??

悩んでいても仕方ないので、明日再びdocomoショップに出かけてきます。

ん〜、ショックだなぁ。

追記(3/26) : そして思わぬ展開が… 

| | コメント (2)

2012年2月24日 (金)

新型MacBook Proの発表が待てなかったので、手持ちのMBP(Mid2010)をダブルSSD化してみた。

我が家のMacBook Pro(Mid2010)は昨年の1月に光学ドライブを取り去ってSSDを載せているのですが(当時のポスト)、最近筐体を何処かにぶつけてしまってフレームが歪んでしまったり、システムとユーザ以下のディレクトリを別ドライブにおいているためか、最近挙動が不安定になってきていました。


Mbp

来月にはAppleから何かが発表されるという噂も聞きますし、春以降には Intelの新しいチップセットを使った光学ドライブ非搭載のMacBook Proが出るのではないかという噂もちらほら。

ここはMBPの新型が出るまで待って買い換えかな、それとも13インチのMacBookAir256GBモデルを買っちゃおうかな、なんてことも考えてみましたが 近日発表になりそうなiPad3も気になるところ。

ならば、購入からそろそろ2年がたとうとしているHDDの方をSSDにリプレイスして、システムをスッキリさせてみてはどうだろう?

ということで買ってみました。「Intel SSD 320シリーズ 600GB 」!

お値段は2月22日現在で85,480円也。 MacBookAir 11"とほぼ同価格でした。

とりあえず届いたSSDを外付けの「FireWire 800 外付けHDDケース 」にセット。 このケースは接続ケーブルもついているのでお買い得でした。

Dscn2366_2

「OS X Lion」のインストールプログラムはダウンロード済みだったので、インストール先を新しいSSDとしてMBPからこれを実行。 

Dscn2368

インストールが終わったら、移行アシスタントの指示に従って 現SSDから設定とプログラムを移行。

移行後、外付けになっている新SSDから無事に起動ができることを確認したら、新SSDのユーザディレクトリの中に HDD内のユーザディレクトリ以下をまるっとコピー。

【システム環境設定】→【ユーザとグループ】を開いたら、左下のカギをクリックしてパスワード入力。 自分のユーザ名を選んで右クリック→【詳細オプション】(多分カギをクリックしないと右クリックしても何も出ません)

User

ここで【選択】をクリックして新しいユーザディレクトリを指定してやれば設定完了です。

無事に再起動を確認したら、いよいよMacBook Proの裏ブタを開けて換装作業です。

私の場合、純正HDDの位置には160GBのSSDが納まっていて、光学ドライブのあるべき場所に「OptiBay」という商品を利用してHDDを固定しているのでこれを外します。

※分解のしかたや光学ドライブ周りのバラしかたについては、こちらのサイトで詳しく説明して下さっています。(ただし年式によりパーツの形は微妙に違います)

Dscn2371

細いケーブルをよけて作業しなくてはいけなかったり、それなりに細かな作業となりますので、自信のない方はOptiBayを扱っているお店などでやっている取り付けサービスを利用されるといいかと思います。

Dscn2373

OptiBayに新しいSSDをネジ2つを使って組み込んだら元に戻します。

再起動をして無事に2つのSSDが認識されていることを確認して終了。

20120224_84513

データのコピー時間を含めて、全作業に要した時間は約6時間といったところでしょうか。

あとは、プログラムの移動でライセンスの認証が外れてしまっているものがいくつか出て来たので、その確認&シリアル番号入力とかに1時間程度かかったかな。(まだ少し残ってます)

使ってみての感想ですが、SSD+HDDの組み合わせよりも更に快適です!

例えば、Aperture3のブラウザ画面のスクロールも、まったく引っかかりがなくなりました。

何よりもHDDへのアクセス音が一切しないというのが実に気持ちよくて、 「これであと1年は戦える!」と思いました。

歪んだアルミの筐体は、この週末にでもトンテンカンと少し叩いてみることにします。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

車の中でバンダイチャンネル1000円見放題(using iPhone4)

バンダイチャンネルというサイトがあります。
有名なサイトなので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

新しいアニメから懐かしいアニメまで、とても多くのアニメ作品が有料(一部無料)配信されています。 → こちら

20120215_81434

無料配信されている動画だけでも結構楽しめるのですが、やはり見ているうちに有料コンテンツも見たくなってしまいます。

「そんなにアニメばかり見ている時間はない」という方は、視聴期間限定で数話分がパックになったものを購入するのが賢いのかと思いますが、とりあえずアニメがだらだらと流れているだけでも十分という方には、作品数は限定されますが 【月額1,000円見放題】コース (2/15現在 315作品 5943話が対象)が結構おすすめです。

このバンダイチャンネルはWindowsマシンだけでなく、Macでも普通に視聴することができる上に、 iPhoneからでも視聴することが可能です。

20120215_073236


しかもサポート対象外ではあるものの、3G回線を使って視聴することもできるので、iPhoneの画面をナビモニタなどに出力すれば、移動する車の中でアニメを視聴することが可能となるわけです。(運転手は走行中に見てはいけませんよ!)


Dscn2264

20120213_071245

もちろん、3G回線を使っているので動画の再生状態は電波状況に大きく左右されます。

ある程度は動画データがキャッシュされているようで、短いトンネル程度なら問題なく再生を続けてくれますが、電波の弱い場所を走っていると画像がコマ送りになったり、完全に再生が停まってしまったりすることもあります。

そのまま放置していれば再生が正常に再開されることもありますが、長時間停まったままになってしまった場合、一度iPhoneの画面上の【完了】ボタンを押してブラウザ画面に戻り、ページを再読み込みしなければならないこともあるようです。

とりあえず私は、「ちょっと前にネットで話題になった作品」で「ちらっと見てみたいけど、レンタルするほどでもないな」という作品とかをリストから見つけて眺めています。

諸々の事情でラインアップに載っていない作品もあるのがちょっと残念ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

iPhone4に iOS4.3 GM を入れて、docomoのSIMでパーソナルホットスポットが使えるかどうか試してみた。

※前にも書いておきましたが、我が家のiPhone4はUK版(SIMフリー)です。
アレをアレしたので、現在はdocomo網で使用中です。

先日、iOS4.3のGM版がリリースされましたので、早速ダウンロードして、【option+復元】してみました。

気になっていたのは、「日本を含む一部の国々では、ご利用いただけません」 とAppleのページにも明示されている、パーソナルホットスポット機能に、4.3 beta3 から改悪があったかどうかです。

結果から報告しますと、パーソナルホットスポットは 「日本」で使えない のではなく、「ソフトバンク網」で使えない、というのが正確な表現のようです。 

まぁ、国内ではSB以外からは正式に販売されていないので、こういう表現になるのでしょうけど。

さて、このパーソナルホットスポットですが、SSIDは変えられないのかなぁ? なんて思ってiPhone4 の設定を色々と眺めていたのですが、iOS側には設定項目がありませんでした。

では、どこで変えるのかと探してみたら、なんとiTunesのデバイス名がそのままSSIDになるようです。 (聡明な方は既にお気づきだったと思いますが)

私は当初、 「iPhone4」というそのまんまのデバイス名にしていたので、気がつかなかったんです.....

試しに、愛車の形式名を入れてみました。

20110308_150824

iTunesで設定したデバイス名がこのまま、

Img_0234

ここのSSIDに反映されるようです。

まぁ、結果として無用な心配だったわけですが、まさか正式版になって覆ったりはしないですよね???? > Apple御中

追記:

iPod再生画面に時々歌詞が表示されなくなるバグはまだ健在のようです。 え? バグではなくて仕様ですか? なら仕方ないですね。

お約束:

SIMフリーiPhoneの使用及び docomo網でのiPhone使用は、くれぐれも自己責任でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月28日 (月)

iPhoneを エルグランド(E51) の多機能燃費計にしようと思ったのに、見事に玉砕したというお話。

松本 零士 作品で育ったせいか、メーターやスイッチ類が沢山付いている機械には目がない私。

我が家の平成17年式エルグランド(CBA-NE51)には、純正の燃費計は付いているのですが、作りが結構大雑把な上に、エンジン始動の後ひと手間かけないと燃費計画面にならないのが気に入りませんでした。

そんな不満を持ちながらwebを歩いていたら、こんな商品を見つけました。

【goLINK GL1 iPod/iPhone用OBDIIインターフェース】

0020030000032

これを使うと、無料Appでこんな表示が出たり

20110228_213134


さらに有料App(なんと 5,800円!)を使うと

20110228_213256

20110228_213312

こんな色々な表示ができるらしいです。

メーター好きな私としては、これは【アリ】なAppです。 早速 車両診断コネクタの形を確認して「よし、いける!」と判断。 発注後3日ほどで商品が到着しました。

箱を空けるのももどかしく、エルグランドにケーブルをつなぎ、予め無料の方のAppをインストールしておいたiPhoneを接続したのですが、【Disconnect】の表示のままウンともスンとも言いませんでした。

先走って 5,800円のAppを買わなくて良かったと胸をなで下ろしながらも、一度火が付いてしまった「メーター増やしたい」欲が勢いを増してしまったので、即こんなものを発注してみました。

Web

【GReddy インテリジェントインフォメーターエコ】

もう生産中止らしくて、値段も半額以下になっていました。 

この商品は、付属の配線を車両診断コネクタとシガーライターの12Vに接続するだけのお手軽装着が売りのようで、なるほどケーブルを上手く隠す作業を除けば、ほんの数分で作業が完了しました。

Img_0207

表示モードが5種類ある上に、画面によっては表示項目をこれ以外にも数種類に変更ができるので、いろいろ試してみようと思っています。

そして、暴走は止まらずに、こんなものまで購入。

Img_0206

PIVOT ピボット 3-drive・AC スロットルコントローラー(オートクルーズ機能付)

アクセル開度を エコモード5段階・スポーツモード7段階で設定できる上に、簡易オートクルーズまでそなえている優れものです。

アクセルとブレーキのコネクタを外して配線を割り込ませたり、車速信号をとったりと、なかなか配線は面倒でしたが、個人的には大好きなオートクルーズ機能をつけることができたので、大満足です。

あとは、このエコモードで燃費がどの程度改善されるのかが、とても楽しみです。

それにしても、iPhoneをメーターとして使う方法、CBA-NE51 では無理なのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

【 MacBook Pro + ショットノート 】 と 【 iPhone4 + airpen pocket 】 を同時に使うというアホなことをやってみた。

先日発売になった、「ショットノート 」と「ぺんてる airpenPocket 」を買ってみました。

ショットノートには書くペンを選ばないので、カラーペンも使えるという利点があり、airpenには、ノートを選ばない(サイズの上限はありますが)という利点があります。

よくノートのあちこちに走り書きでメモをして、それをすっかり忘れてしまう私にはどっちが役に立つのだろう? と2秒ほど悩んだのですが、「とりあえず両方買ってみよう」という安易な結論に落ち着きました。

Img_0194

これ、すごく 贅沢な 無駄な組み合わせです。

とりあえずairpenの電源を入れておけば、ショットノートを撮影する必要はないし、airpenの電源を入れ忘れた時には、ショットノートで取り込めばOKなのですが......

そもそも、わざわざショットノートの用紙を買わなくても、iPhone用のスキャナAppで日頃から撮影してEvernoteにアップロードをする習慣さえ付けば 十分なのでは??  と、商品が到着した直後に気がつきました。 後悔先に立たずとはよく言ったものです。 浪費癖は一生治らないのでしょう、きっと。

しかしまぁ、買ってしまったものはしかたありません。

まとめ買いしたショットノートの在庫が無くなるまでは、この組み合わせを楽しもうと思います。

  御 礼

おかげさまで、300,000pvを迎えることができました。

拙いブログに ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

Eye-Fi と パーソナル・ホットスポット ( iOS4.3 )

前から欲しかった Eye-Fiの最上位機種( Eye-Fi Pro X2 )を買ってみました。
なんでも、年内のバージョンアップで、iPhoneなどへのアドホック接続も可能になるのだとか。(現時点でも、この機種であればMac・PCへのアドホック接続は可能です)

しかしながら、パソコンを起動できるのであれば、SDスロットにカードを挿した方が手っ取り早いということもあるわけで、使いどころに悩むところでもあります。

Img_0189




さて、我が家の iPhone4( iOS4.3 beta 3)ですが、パーソナル・ホットスポット機能が使えるので、Eye-Fiカードの接続先にiPhone4 を登録してしまえば、公衆無線LANスポットを探さなくても、FacebookやEvernote、Flickr等へガンガン写真をアップロードできちゃうわけです。(N-04Bのアクセスポイントモードを使っても同じ事ができますね)

Eye-Fiに登録していれば、iPhoneアプリの【Eye-Fi】を併用することができるのですが、これはバックグラウンドでアップロードしてくれないというところが、ちょっと残念な感じですが、アップロード時にオンラインサービスの選択ができるのが、Eye-Fiカードそのものよりは便利かな、と思います。

一番残念だったのが、購入以来一度も MobileMeのアカウントに接続できていないということ。 毎回パスワードが違うというようなメッセージを吐かれるんですけど、普通にMobileMeで使用できている方はいらっしゃるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧