« モバイルルータ【BF-01D】を使えば、ホテルの有線LANサービスをiPhone・iPadで使えるぞ | トップページ | Siri、大丈夫か?? »

2012年4月11日 (水)

オフの日はiPhone4S のバッテリーが不安なので、バッテリージャケット( juice pack air )を買ってみた

仕事の日は車の中を含めて常に電源が近くにあるので、MacBook ProもiPhone4Sもさほどバッテリーの心配はしなくて済むのですが、昨日・今日のようにオフ日で外を歩いていると、やはりiPhoneのバッテリー持続時間は気になります。


以前、エヴァなデザインの iPhone用バッテリー内蔵ケースを買った という記事を書いたことがありました。


NewImage


このケースにはiPhoneへの充電をON/OFFするスイッチがなく、ケースに装着すると同時にケースから充電が始まるという困りものでしたので、今回はちゃんと充電スイッチのあるケースを探して買ってきました。


NewImage


【 juice pack air 】の(PRODUCT)REDモデルです。(ほんと、赤が好きだなオレって..)



パッケージの中には、ジャケット本体と充電用のUSBケーブル、そして日本語が全く書かれていないおしゃれな説明書と、写真には載っていない簡素な日本語マニュアルが入っています。


NewImage


ジャケットは上下に分離して、中にiPhone4Sを滑り込ませるようにして装着します。


NewImage


装着するとこんな感じです。 マットな赤が、なかなかいい感じです。


一回り大きく、厚くなるのですが、比較的手の大きい私にはさほど気にならないサイズです。 手の小さな女性は、片手で操作しようとする時にホームボタンに親指が届きにくくなるかもしれません。


NewImage


私が今回こだわった、iPhoneへの給電スイッチがこちら。 赤丸が出ている時にはiPhoneへの給電は行われません。


NewImage


底面にある丸いボタンはバッテリーチェックのためのものです。 25%単位で知ることができます。


気になったのが、この底面の4つのランプが充電中にひとつずつ点滅→点灯へと変わっていき全部点灯になった後に、ずっと点灯し続けていること。 なんかもったいない気がします。


それと、工作精度がちょっと低いこと。 ごらんのように、少しつなぎ目にズレがあります。


NewImage


継ぎ目の部分を押すと平らになるという程度のズレですが、ちょっと気になったので店頭に残っていた他の商品も見てきたのですが、パッケージの上から見る限り、同じぐらいのズレはあるようです。


今日はBluetoothヘッドセットで音楽を聴きながら、ときどきtwitterや4sqにつぶやきつつ、6時間ほどiPhoneを使ったところでバッテリー残量が20%を切ったので給電を開始しました。


いつもであれば残量が40%をきったあたりから残量が気になりだして30%を切ったあたりから外部バッテリー片手に継ぎ足し充電をしたりするところですが、今日は気分的にかなり余裕があったようです。


やっぱり本体と一体型になるバッテリーはスマートでいいですね。


|

« モバイルルータ【BF-01D】を使えば、ホテルの有線LANサービスをiPhone・iPadで使えるぞ | トップページ | Siri、大丈夫か?? »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モバイルルータ【BF-01D】を使えば、ホテルの有線LANサービスをiPhone・iPadで使えるぞ | トップページ | Siri、大丈夫か?? »