« アプリのアップデート失敗が続いてるんだけど、これはひょっとしてJBの影響なんだろうか? | トップページ | せっかくiOS5.1が出たのに iPhone4では Siri が使えなくて悔しいから、SIMを新調してきた。 »

2012年2月24日 (金)

新型MacBook Proの発表が待てなかったので、手持ちのMBP(Mid2010)をダブルSSD化してみた。

我が家のMacBook Pro(Mid2010)は昨年の1月に光学ドライブを取り去ってSSDを載せているのですが(当時のポスト)、最近筐体を何処かにぶつけてしまってフレームが歪んでしまったり、システムとユーザ以下のディレクトリを別ドライブにおいているためか、最近挙動が不安定になってきていました。


Mbp

来月にはAppleから何かが発表されるという噂も聞きますし、春以降には Intelの新しいチップセットを使った光学ドライブ非搭載のMacBook Proが出るのではないかという噂もちらほら。

ここはMBPの新型が出るまで待って買い換えかな、それとも13インチのMacBookAir256GBモデルを買っちゃおうかな、なんてことも考えてみましたが 近日発表になりそうなiPad3も気になるところ。

ならば、購入からそろそろ2年がたとうとしているHDDの方をSSDにリプレイスして、システムをスッキリさせてみてはどうだろう?

ということで買ってみました。「Intel SSD 320シリーズ 600GB 」!

お値段は2月22日現在で85,480円也。 MacBookAir 11"とほぼ同価格でした。

とりあえず届いたSSDを外付けの「FireWire 800 外付けHDDケース 」にセット。 このケースは接続ケーブルもついているのでお買い得でした。

Dscn2366_2

「OS X Lion」のインストールプログラムはダウンロード済みだったので、インストール先を新しいSSDとしてMBPからこれを実行。 

Dscn2368

インストールが終わったら、移行アシスタントの指示に従って 現SSDから設定とプログラムを移行。

移行後、外付けになっている新SSDから無事に起動ができることを確認したら、新SSDのユーザディレクトリの中に HDD内のユーザディレクトリ以下をまるっとコピー。

【システム環境設定】→【ユーザとグループ】を開いたら、左下のカギをクリックしてパスワード入力。 自分のユーザ名を選んで右クリック→【詳細オプション】(多分カギをクリックしないと右クリックしても何も出ません)

User

ここで【選択】をクリックして新しいユーザディレクトリを指定してやれば設定完了です。

無事に再起動を確認したら、いよいよMacBook Proの裏ブタを開けて換装作業です。

私の場合、純正HDDの位置には160GBのSSDが納まっていて、光学ドライブのあるべき場所に「OptiBay」という商品を利用してHDDを固定しているのでこれを外します。

※分解のしかたや光学ドライブ周りのバラしかたについては、こちらのサイトで詳しく説明して下さっています。(ただし年式によりパーツの形は微妙に違います)

Dscn2371

細いケーブルをよけて作業しなくてはいけなかったり、それなりに細かな作業となりますので、自信のない方はOptiBayを扱っているお店などでやっている取り付けサービスを利用されるといいかと思います。

Dscn2373

OptiBayに新しいSSDをネジ2つを使って組み込んだら元に戻します。

再起動をして無事に2つのSSDが認識されていることを確認して終了。

20120224_84513

データのコピー時間を含めて、全作業に要した時間は約6時間といったところでしょうか。

あとは、プログラムの移動でライセンスの認証が外れてしまっているものがいくつか出て来たので、その確認&シリアル番号入力とかに1時間程度かかったかな。(まだ少し残ってます)

使ってみての感想ですが、SSD+HDDの組み合わせよりも更に快適です!

例えば、Aperture3のブラウザ画面のスクロールも、まったく引っかかりがなくなりました。

何よりもHDDへのアクセス音が一切しないというのが実に気持ちよくて、 「これであと1年は戦える!」と思いました。

歪んだアルミの筐体は、この週末にでもトンテンカンと少し叩いてみることにします。

 

|

« アプリのアップデート失敗が続いてるんだけど、これはひょっとしてJBの影響なんだろうか? | トップページ | せっかくiOS5.1が出たのに iPhone4では Siri が使えなくて悔しいから、SIMを新調してきた。 »

Mac」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
Digiarty SoftwareのAureと申します。
 メールによって、弊社のipad(3),iphone,androidユーザー達に向けて開発された無料ソフトウェアAir Playitについて紹介記事を書きいただければと存じます。
 Air PlayitはWindowsまたはMac OSに対応してます、去年の8月にapp stroeに登録されて、大人気でありました。
 主な機能とはvia WiFi と 3G/4G ネットワークに通じて、パソコンに保存している映画、映像、音楽をipad(3),iphone,androidデバイスにストリーミングできます、さらに、オンライン変換と遠隔変換もサポートします、ビデオ変換ソフトウェアが必要なし、何時でもどこでもiphone,ipad,androidなどデバイスで好きな映画とか音楽とか再生することできます。320種類のビデオとオーディコーデックを組み込んでいます。
 最新の更新によって、多言語バージョンにサポートしていました、日本語、英語、ドイツ語、など。
 無料にダウンロードできます:http://www.airplayit.com/japanese/ 
 もしご紹介していただければ、喜んで貴サイトにWinX Blu-ray Decrypterの 10-20個のライセンスキーを贈り致します。WinX Blu-ray Decrypterとはブルーレイバックアップソフトウェアである、これを利用して、ブルーレイ映画をM2TSなどビデオファイルに変換でき、それから、Air Playitを通じてipad(3),iphone,androidデバイスにストリーミングして再生すると、メモリ空間も使用しません、高速変換も実現します、ビデオの品質がオリジナルように高いです。
返信をお待ちしております。aure@airplayit.com

Aureより

投稿: Aure | 2012年3月 1日 (木) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126687/54061263

この記事へのトラックバック一覧です: 新型MacBook Proの発表が待てなかったので、手持ちのMBP(Mid2010)をダブルSSD化してみた。:

« アプリのアップデート失敗が続いてるんだけど、これはひょっとしてJBの影響なんだろうか? | トップページ | せっかくiOS5.1が出たのに iPhone4では Siri が使えなくて悔しいから、SIMを新調してきた。 »