« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

エルグランド(E51)の中で iPhone3GS を快適に使いたいから、結局ホルダーを買い直してみた。

前回の記事に取り上げた、シガーソケットに差し込むタイプの iPhone 用のホルダーは結局あまり気に入らず、AppleStore銀座で、このホルダーを買ってみました。

Img_0002

よくある、ダッシュボードやガラス面に吸盤で取り付けるタイプです。
ダッシュボードには勿論微妙な凹凸があるので、ベースになるプレートを先に貼り付けます。

プレートの裏にはわずかに厚みのある粘着テープが貼ってあって、これで多少の凹凸を吸収できるようです。(写真は裏面)

Img_0003

切り込みが入っているのも、しっかり貼り付けるために重要なポイントですね。

どこにつけるか悩んだのですが、結局ここにしてみました。

Dscn0649

廉価で売られている粗悪品と違って、ホルダーの部分がとてもよくできています。 iPhoneを左右から挟む腕が、若干内向きにできているので、力一杯挟まなくても、iPhoneがホルダーから落ちることはなさそうです。

ケーブルがだらんと垂れ下がるのが気になりますが、手も届きやすいし、視認性もよいので、しばらくはこの位置で使ってみようと思います。

あとは、iPad の定位置をどこにするのか

そういえば、最近純正のACアダプタ以外で充電を使用とすると、結構な頻度で再起動をするようになりました。

なんか気持ち悪いので、そろそろ復元しようかな、とか思ってます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

エルグランド(E51)の中で iPhone3GS を快適に使うために車載用 ホルダーを買ってみたのだが、ちょっともろもろと微妙だった。

前回、iPhoneを車内で使うために用意したトレイがこちら

Dscn0583

ぽいっと置いておくだけなので、手軽と言えば手軽なのですが、操作のたびに視線が下がってしまうので、ちょっと危険かなと思ってホルダーを探してみました。

秋葉原のヨドバシカメラで見つけたのがこのホルダー

このホルダーのソケット部分(下の写真)に、以前記事に上げたような気がするこのカーチャージャーを差し込めばUSBで給電もできるし、ちょうどいいかなと考えたのですが、そうはうまくいきませんでした。

Dscn0618

このソケットの奥行きが深すぎるのか、それともカーチャージャーの長さが短いのか、同じメーカー同士なのに、カーチャージャーまで通電しないらしく、青いLEDが点灯しません。(あるいは製品による個体差なのかもしれませんが)

しかたがないので、別なケーブルを用意してこの12Vを延長した先に、前述のカーチャージャーを差し込んで、Apple純正のAVケーブルのUSB端子をそこに挿すことにしました。

結果、現在の状況はこんな感じです。 ちょいとゴタゴタしてます。

Dscn0615

そして残念なことに、本日こんな商品 をAmazonで発見しました。 評価はちょっと低いようですが。

20100927_102459

一か八かこれを試してみるべきか、それともおとなしくAppleStoreでダッシュボード貼り付けタイプのこんなものを買うべきか。

どちらにせよ、またまた散財は続きそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

日々のSIMの抜き差しが面倒になったので、talking じゃない方の【 b-microSIM 】を買って、iPhone3GSに入れてみた。

N-04Bをアクセスポイントモードにして iPhone、iPad、MacBook Proをぶら下げて使ったり、テザリング中の電話発信が面倒で iPhone にdocomoのSIMを入れたりと言うことを続けてきましたが、ふと

「ひょっとして、iPhoneにb-mobileのSIMをさせばいいんじゃね?」

と思い立って、まずはググってみることに。
※ 我が家のiPhone3GSはUltrasn0wを使ってアンロック済みです。

調べ方が下手なのか、「3GSでも動いている!」と書かれているサイトが見つからないので、今度は b-mobile のwebサイトへ。

【b-microSIM】の動作確認端末にはiPhone4しか記載されていなかったけれど、iOS4を入れてある 自称「あらPhone」の我が3GSではどうなのだろう??? と5秒ほど悩んでからポチリ

申し込みから2日ほどで手元にSIMが届きました。

Sim1

iPhone3GSに入れるために microサイズのSIMにアダプタを噛ませて挿入。
指定された情報を設定の画面から入力して、docomoの携帯から開通の手続き。

ここで、音声案内に従ってmicroSIMの電話番号を入力するのですが、回線状態が悪いのか、"2"を"4"と認識されてしまい、なんどかやり直しをすることに。

数度目にやっと正しい電話番号を伝えることができて、5分ほどで無事に開通。

サイトには、【300kbps超/300kbps超 ベストエフォート】と標記されていますが、今のところ一番速度が出ていた時のスクリーンショットがこちら。


Img_0001

実際に「Safari」「メール」を使った感じとしては、「 iPhone単体でSafariを使ったりする分には 我慢のできるぎりぎりの速度」 という感じです。
このあたりは、それぞれの感覚の問題ですので、「オレには我慢できない」と反論されても返す言葉はありませんけどね。

試しに、この状態で MyWi を使ってMacBook Proをぶら下げてみたのですが、どうしても複数のアプリを同時に起ち上げてしまったり、Safariで複数のタブを同時に開こうとしてしまったりするので、結構ストレスが溜まりました。

メールチェックぐらいの用途であれば十分かとは思いますが、テザリングは普通のdocomo SIMに任せた方がよさそうです。

それでも、これを買ったことで、N-04Bがアクセスポイントモードになっていなくても、iPhoneでメールチェックや簡単な調べ物ができる ということになりました。

「だったらSoftbankのSIMを刺したら?」と言う声が聞こえてきそうですが、私の活動エリアでのSoftbank網では、スピードテストは上の結果の半分ぐらいの数値しかでない上に、エリアの5分の4以上が圏外となるので、そういう提案は却下です。

【talking b-microSIM】のプラチナサービスが、もうちょっと値下げになれば、そっちを入れてみたいという気持ちもあるんですけどねぇ。(実際にどの程度使えるのか全くわかりませんが)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

N-04Bを常時アクセスポイントモードで使っていると 電話をかけるのが面倒だから、iPhone に久々に SoftbankのSIMを差してみた

N-04Bのアクセスポイントモード(以下「APモード」) は、そのままでも電話を受けることはできても、電話をかけるためには一度APモードを解除しなくてはなりません。

APモードに iPhone、iPad、MacBook Pro の3台をぶら下げている状態でAPモードを解除すると、あちこちで接続不可のエラーが出たりするのが鬱陶しいので、これを何とかするために、色々と考えてみました。

まずは、iPhoneのSkypeで電話をするという手段をとってみましたが、非通知だと電話に出てくれない人も多いので、あまり実用的ではありませんでした。

Skype の オンライン番号も取得してみましたが、全く関係ない番号が通知されたり、通知不可と表示されたりで、これも実用的とは言い難い感じです。

そこで、久しぶりに iPhone 3GSにSoftbankのSIMを入れて、電話はここから直接SB網でかけることにしました。 田舎ではSB網の穴が大きすぎて、それこそ実用的とは言えないかもしれませんが、N-04Bに一切触らずに電話ができるというメリットがあります。

しかしながら、iPhone に SB のSIMを入れてしまったら、勝手にデータ通信をしてしまって、これまで堅く守り通してきた【パケ代0円】が崩れてしまいます。

そこで、iOS4から登場した、「モバイルデータ通信」の設定をオフにして試してみることにしました。

Img_0001

「電話は使えるけど、3G網でのデータ通信はできない」、ということなので、MMSは使えませんが、N-04BのWifi経由でなら問題なくデータ通信ができるわけですね。

これで、N-04Bは家を出るときから帰る時まで、基本的にキー操作をしなくてもよいという事になりますが、問題はバッテリーの持続時間です。

それに対する私の回答はこれ。

Img_0003

純正内蔵バッテリー2つと外部バッテリー(FOMA補助電源アダプタ)2つ、あとは写真に写っていないけど エネループのモバイルブースターが1つ。

内蔵バッテリーの1つは最初から本体内に入れておきますが、2つめは外部のバッテリーがすべて尽きてしまったときの最後の手段として温存しておきます。

内蔵バッテリーが780mAh、FOMAの充電アダプタが1800mAh、モバイルブースターが5000mAhなので、合計すれば何と 10160mAh。  来週にはFOMA補助電源アダプタがもう1つ届くことになっているので、約12000mAhを持ち歩くことができます!

もっとも、iPhoneのバッテリーの持続時間も心配なのですが、iPhone用には ケース一体型のEVAバッテリーもありますし、モバイルブースターはiPhoneにも使えるし、いざとなればMacBook Proの巨大なバッテリーが外部バッテリー代わりになってくれます。(もちろん N-04B にも使えるわけですが)

次回の上京の時(来週月曜)には、このセットを持ち歩いて(MacBook Proはやめておきますが)、1日中N-04B経由でデータ通信してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »