« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月18日 (日)

「さて Firefox Homeをインストールしようか」と思ったら、Mac miniに怪しい表示が出て一瞬焦ってみたり。

さきほど地元のお祭りから帰ってきたところです。

ここ数日は、お祭りの準備やら何やらで、日々ドタバタしていて、いろいろとブログのネタになるような事を試めせませんでした。

とりあえず、すっきりしたところで、「Firefox Home」とやらを入れてみよう!

と思い立ち、USアカウントを記憶させてある Mac mini の iTunesを起動。

20100718_222644

なんだ、この見慣れないダイアログは!!

「ひょっとして(素人だけど)JBerだとばれて、Appleから拒絶されたのか!?」

とか4.5秒ほど焦りましたが、よく考えてみたら、iPhone 3Gに iOS4のGM版をインストールするときに、iTunes9.2のベータ版をインストールしたまま放置していた事を思い出しました。

一瞬焦ったことなど、まるでなかったかのように静かにSafariを起動し、iTunesの正規最新版をダウンロードして、無事にインストール終了。

早速USアカウントで「Firefox Home」を探してダウンロード。

20100718_224131

ホームシェアリング機能のおかげで、Mac miniで購入したものは、自動的に MacBook Proにも反映されるので、すぐにiPhone3GSをMBPに接続して同期!

無事に、Appがインストールされました。

インストールをしたら、Appを起動すると

Img_0004

こんな画面が出るので、上の「Send Me Instructions」をクリックして、自分のメールアドレスを入力すれば、

Img_0001

こんな感じ(↑)のメールが届くので、リンクからたどって、Firefoxにアドオンをインストールして下さい。(↓)

20100718_225608

アドオンをインストールしたらFirefoxを再起動。

ツールから「Sync」を選びます。

20100718_230042

すると、あら安心! 日本語のダイアログが開きました。

20100718_230052

あとは、ダイアログの指示に従って、ユーザ名・パスワードを設定して、メールアドレスを入力。 さらに秘密の言葉を12文字以上で設定したあと、例の「ロボット対策な読みにくいアルファベット」を解読して入力すれば、あっという間にサーバとの同期が完了します。

あとは再びiPhoneに戻って、先ほど入力した ユーザ名・パスワード・秘密の言葉を入力すればOKです。

実際の使用感などについては、また後で追記したいと思います

追記: ユーザ名にアルファベットの大文字を使用しても、サーバ上では小文字に置き換えられるようで、iPhoneの設定画面に大文字を使うと、うまくSyncできないことがあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

iOS4に対応してくれた MyWi があまりにも快適で、最近N-04Bの電源を全く入れていなかったということもあって、ついうっかりとやらかしてしまった。

MyWi 4.0も、バージョンアップで色んな問題が解決して、すっかりと安定したようです。

たまに Cydia から何かをインストールしたりして、SpringBoardのRestartなんかをすると、見事に3G接続を見失ってくれたりしますが、他のAppでも全く通信ができなくなるので、問題が MyWi にあるのか、SpringBoardの再起動にあるのかは、ちょっと不明です。

Img_0002



ともあれ、iPhone3GS 単体でのネット接続・通話 を docomo網で実現できる上に、Wifi 環境のないファミレスやカフェで MacBook Pro や iPad を使うときにも iPhone3GSを経由してネット接続ができるというのは、私にとっては何物にも代え難いメリットです。 (かといって、リスクを自分で負えない人には JailBreak を勧めようとは思っていませんが)

そんなわけで、最近はN-04Bを仕事用のカバンのポケットにしまったまま、電源も入れずに持ち歩いています。
nanacoのチャージもきれいに使い切ったし、モバイルsuicaは普段の生活には全く使いませんので、正直出番がありません。


さて、一昨日の日曜日。
久々に家族揃って イオングループのショッピングモールへ出かけた時の事。

子どもたちの洋服なんかを選んでレジへ向かおうとしたところで、次男の機嫌が悪くなってきました。

「お父さん、 WAON で払っといて!」 と 私の返事を待たずに 次男を抱えて授乳室方面へ駈けていくヨメ。

ヲイヲイ、SIMを抜いてたらモバイルWAONは使えないんだぞ? こんなところでSIM入れ替えかよ。  と0.1秒ぐらい考えたところで気がつきました。  

N-04B持ってきてない......。

「仕方ないから現金で払うか」と思って 財布を覗いたら 明らかに足りない金額しか入っていない。 

慌ててヨメの携帯に電話をかけたら、子どもたちの服が詰め込まれたバスケットの底の方から携帯の着信音.......

「おかあさん探して、財布預かってきて!」

と、長男長女を猟犬の如く店内に解き放ち、数分後無事に支払い完了。

「どうして 買ったばかりの携帯使わないの?」

と、ヨメからは非難囂々。

快適さの陰には、とんだ落とし穴が待ち受けていました。
iPhoneとオサイフケータイでSIMを共用する人は、十分気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

車の中で iPad や iPhone やカーナビを眺めて、びっくりしたり、改めて昔を振り返ったりしてみた。

車の中で iPad の純正カバーを開いたら、まるで印刷物のような鮮やかな画面

「おお、iPadの画面もiPhone4の網膜ディスプレイみたいに綺麗じゃないか!!」

と、0.2秒ほど思ったのですが、よくみたらカバーの内側に本物の印刷物が挟まっていました......

早朝で寝ぼけていたせいか、下の画像で見るよりももっと、自然にディスプレイに溶け込んでいたんです。

自分の目の悪さにがっかりしましたね。

Img_0004

まぁ、朝からそんなボケをかましつつ、カーナビで以前登録した場所を探していたら、似たような登録名がずらずらと。

Img_0007

一時期はマクドを移動先の書斎に使っていたので、近隣5県のWifiが使えるマクドを片っ端から登録していました。
なので、登録してある場所のほとんどがマクドナルド。
友人宅なんてのが一つもないのが、非常に哀しいところではありますが.....

うちのナビだと、登録してある場所は、常に地図上にピンが立つので、移動中でもどこに向かえばWifiが使えるのかが一目瞭然でとても助かったんです。

コーヒー1杯でWifiが使えるのなら安いもんだ! とか当時は思っていました。

今では、簡単な調べ物やTwitterなら iPhone からできるし、マクドナルドに寄らなくてもN-04Bとかの通信手段を使って MacBook Pro も iPad もネットに接続できるようになったので、ネットへの接続を目的にマクドに立ち寄ることも、すっかりなくなりました。

(まぁ、急いでメールを返信しなくてはならないような仕事を受注する事もなくなったわけですが)

聞くところによると、なにやら今度はミニストップがWifi接続サービスを全国展開するのだとか。

3G回線がパンクしそうな某キャリアは泣いて喜ぶかもしれませんが、Wifiでエリアと回線キャパの貧弱さを補完ってのは、根本的な解決になっていないということを分かって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

iPad を使って、子どもの家庭学習に付き合ってみたりして、「あぁ、オレはなんていい父親なんだろう」と錯覚をした日曜日。

この際、嫁や子どもに内緒でiPadを買っていたということは置いときます。

とりあえず、晴れて茶の間デビューをした我が家の iPad ですが、子どもに与えてみて、「任天堂DS」よりよいな、と思う点が2つ。

1.パスコードロックができる
 やり過ぎ防止、というか「今日はやらせない」と思ったら、パスコードロックをかけてしまえばいいんです。 DSをタンスとかに隠して、子どもにかき回されるよりずっとましです。 10回パスコードを間違えたら内容を消去するという設定もできるわけですし。

2.1台のiPadを使って、2人で遊べるゲームがある。
 ひょっとするとDSにも、そんなゲームがあるのかもしれませんが、長女と長男が仲良く遊んでいるのを見て、そんなことを思いました。


さて、本題。

日曜日の夜、子どもたちは居間で宿題の残りをやっていたのですが、娘は分数の概念がよく分かっていないようで、計算ドリルに悪戦苦闘。

ここは父親の威厳を見せつけるところでしょう!

とばかりに、iPadの「黒板」(iTunesが開きます)Appを起動して説明開始。

別に普通の紙と鉛筆でも十分なのですが、たまたまi文庫HDで小説などを読んでいたので、即App起動。

Img_0033

紙と鉛筆で説明しても、ちっとも話を聞かないくせに、iPad という新しいデバイスのせいか、食いつきが抜群です。

そのうち息子まで、「お父さん、それで僕に何か問題出して!」とか言ってきたかと思えば、娘も負けずに「地図記号の問題出して!」とか言い出したり。

20100706_100252_2


さすがに「黒板」では小さい字を書くのが辛いので、「iDraft」(iTunesが開きます)を起動して学校ごっこ。

パソコン用の教育用ソフトとかを買わなくても、無料のAppで ちゃんと親子のコミュニケーションも図れたし、子どもの学習意欲もほんのちょっとはわいたかもしれないし、何よりすごく「自己満足」できました。

子ども達が寝る間際に、「明日もiPadで勉強しようね!」なんて言ってくれたから、もう嬉しさのあまり脳髄がゴザもって海水浴に出かけて行ってしまいましたが、月曜の夜は私が腰痛で寝込んでしまって、「学校ごっこ」はできませんでしたとさ。 

まぁ、私にも家での仕事がありますし(え!ほんと?)、毎日一緒に勉強、ってわけにもいきませんが、たまには iPad のこんな使い方もいいと思いました。

しかしまぁ、地図記号とか結構忘れてましたよ、ほんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某 iPhone 系 Podcastで話題になっていた 「Coin Dozer」 で遊んでみたけど、こいつはなんて時間泥棒なAppなんだろう!

某 iPhone 系の Podcast でちょっと取り上げられていたiPhone用のAppです。

ちょっと気にはなっていたのですが、昨日病院での待ち時間があまりにも暇だったので、ダウンロードして遊んで、見事にはまりました。

「Coin Dozer」 なんとAppStoreで無料です。(iTunesが開きます)

Img_0001


ゲームの内容としては、奥側の「TAP HERE」と書かれているあたりをタップすることで、画面内にコインを投入して、手前に並んでいるコインを手前側の穴に落とすという、ようするに、ゲームセンターにあるコイン浪費型の、止められない止まらないゲームです。


Img_0002

換金ができるわけでもないのに、ついつい1万円もつぎ込んだことのある私が、この手のゲームにはまるのは必至です。

本物と同じで、落ちた枚数のコインが手元(左上の数字)に増えるわけですが、両脇の溝に落ちたコインは無効になります。 

なので、どう考えても投入したコイン以上のコインが手元に落ちてくるわけはありませんが、ゲームを盛り上げる要素がいくつか仕込まれています。

まずは盤面上にあるホイッスルやぬいぐるみ、宝石などのアイテムですが、各アイテムとも4色を揃えることで、ゲームが有利に進行するようになります。

Img_0013

例えば、ぬいぐるみを4色揃えれば、コインの補充が早くなったり、 ホイッスルを4色揃えれば、横の溝に落ちたアイテムも回収できるようになったり。

しかしながら、なかなか出現してくれないアイテムもあって、私はコンプリートまであと1つ、紫のヨーヨーが残った状態です。


Img_0004

他にも、一度に4枚以上コインを落とすと、「COIN ATTACK」となり、画面上に特殊な効果を持つコインが登場したりするような仕掛けもあります。 

例えば赤いコインが出没するわけですが

Img_0009

このコインを手前に落とすと、巨大なコイン(下図)が落下してきて、その勢いで万丈のコインやアイテムが落ちることになり(同時に再度COIN ATTACKも発生します)、大量獲得が狙えます。

Img_0010

水色のコインを落とすと、一定時間、両側の溝をふさぐように壁が立ち上がってくるので、手元にある程度の枚数のコインがあれば、一気にアイテムやコインを手前に落とすことができます。

Img_0015

 


このゲーム、初期状態だとオンプレイ状態で30秒に1コイン(オフプレイ状態では1時間で5コイン)増えるので、ついつい追加のコインが 欲しくて、画面を凝視してしまいます。


Img_0003

コインほしさのあまり、このゲーム画面のまま iPhone をスリープさせずに持ち歩いたりすると、あっという間にバッテリーが減ってしまいますので、くれ ぐれもご注意を。

このゲーム、2倍モードになっていまいますが、 iPad でも楽しむことができます。
iPad のほうが演算能力が高いせいか、コインの動きなどはあちらの方がリアルな気もします。 

コインの自然増加の枚数上限が低かったりと、不満な点もいくつかありますが、このゲームをきっかけに、コイン投入型のいろいろなゲームが AppStore に増えてくれればいいな、と思います。

あ、そんなことになったら、ますます仕事が手に付かなくなってしまう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

iPhoneを無線ルータ化するJBアプリ、「MyWi4.0」 の最新版が出たようなので早速アップデートしてみたら、スリープ後にWifiに自動接続されない問題が解決したらしい。

先ほど、Rockのアイコンに「1」と数字のバッジアイコンが付いていたので確認をしたところ、「MyWi」が4.0.99から4.1.3にバージョンアップされていました。

Img_0002

説明の欄に、「Fix for Wifi reconnect after phone sleeps for iOS4.0」 とあります。
英語が苦手な私は早速エキサイト翻訳にかけてみました。

「Wifiが電話の後に再接続するので、フィックスはiOS4.0のために眠ります。」

と出ました。 なんのことだかさっぱり分かりません。
この手の英語を自動翻訳させようという私が間違ってますね、分かってます。

要するに、「iOS4.0において、iPhoneがスリープした後の、Wifi再接続を修正した」 というような事ですよね?

確かに、私の所でも、一度 Wifiルータとして使用すると、その後 Wifiへの自動接続ができなくなってしまって、修復のためにはコールドリブートが必須でしたので、早速アップデートをしてみました。

なるほど、新しいバージョンでは、Wifiルータ化させた後でも、スリープからの復帰後に自宅のアクセスポイントへ自動で再接続してくれました。 よかったよかった。

これで、出先でもiPhoneの回線経由で、iPadを気兼ねなく使うことができます。

ところで、うちのiPhoneがマクドナルドのMobilePointへ全く接続できなくなってしまったのは、何が原因なのだろう??? 有料のWirelessGate会員にもなっているのに.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

iPadを子どもに預けるためのペアレンタルコントロールについて悩んでいたら、すばらしいAppを紹介していただきましたので、試してみました。

先日の記事「iPadは家庭的なデバイスではあるけれども、肝心なところでペアレンタルコントロールが有効でないのは問題だ。」の対策について、腰痛に苦しみながら色々と検索をしてみました。

iPadに店頭で売っている「フィルタリングソフト」をインストールすることはできないのだから、プロキシの設定とかで何とかなるかな? などと考えて、まずはフィルタリング用のプロキシを用意してくれているところを探してみました。

プロキシでフィルタリングをした場合、子どもがそれに気づいてしまえば、あっという間に解除されてしまうわけですが、まだ我が家の子どもたちにはそれほどのスキルはないので、きっと大丈夫!

そんなことを考えながらあちこちあたってみましたが、プロバイダ契約をしていていないと使えないとか、固定IPサービスで接続していないと使えないとかで、なかなか良いものが見つかりません。

「それならばいっそ、家の中にフィルタリング・プロキシを立てるか!」とか、無茶なことも考えていましたが、そんな時に先の記事に、hermitさんよりコメントを頂きました。

Yahoo!あんしんねっと」(iTunesが起動します)

※ 記事作成当時にはなかったのですが、現在はiPadに対応した「Yahoo!あんしんねっとHD」があります。

なるほど、店頭にあるソフトのことばかり考えていましたが、ブラウザそのものにフィルタリング機能が付いているものがあるとは、まさに目から鱗です。

無料というのも魅力的ですが、希望していた「Yahooきっず」をホームページにする機能もありそうです。


Img_0014

早速インストールして起動してみました.......。 おや?

Img_0022_2

なるほど! iPadネイティブAppでないので、当然この画面ですね。 

では、右下のボタンで2×表示にしてみましょう。

Img_0023

文字の鮮明さがSafariと比べるとちょっと残念な感じは否めません。 

ですが、フィルタリングのレベルは6段階で、それらの設定を変更するためのパスコードを決めることも可能なので、子どもに預けるにはぴったりのAppです。

早いうちに、iPad対応版も出して欲しいものです。

-以下、脱獄要素を含みますので、ご注意下さい-

正式にiPadの画面に正式対応してくれるのを待つとして、とりあえずJBerにはこの手がありました。 「FullForce」。

iPhone用のAppを強制的にiPadネイティブっぽい画面にしてくれるJBアプリです。

Appによってはうまく動かないこともあるのですが、とりあえず試してみましょう。

「Y!あんしん」の項目をONにして..... 

Img_0024

起動!

Img_0025

画面全体を使って、綺麗に表示させることができました! (リンクをタップして次の画面に移ったときに、少し表示にゴミが残りますが...)

さて、せっかくだからこの画面で設定を再度確認してみましょう。

Img_0019

フィルタリングのレベルを設定することができるようです。 中を覗いてみると、

Img_0020

「Yahoo!きっずモード」から「フィルタリングを解除する」まで、6段階の設定が可能になっていました。 我が家ではしばらくの間、「Yahoo!きっずモード」で使ってみることにします。

さっそくSafariをDockから外して、「Yahoo!あんしんねっと」を登録しました。 次に、機能制限の設定からSafariをOFFにしてHOME画面からアイコンを消しました。

Img_0017

これで、安心してiPadをこどもたちに預けられそうです。

すばらしい情報をお寄せ下さいました hermitさん、ありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

iPadは家庭的なデバイスではあるけれども、肝心なところでペアレンタルコントロールが有効でないのは問題だ。

昨月、哀妻家の私がこっそりと入手したiPadですが、ついに先日、お茶の間デビューをしました。

AppleStore銀座にMacBook Proの修理に行った際に、iPadで遊んできた子どもたちはもう狂喜乱舞。

念のため、ゲーム類は2〜3個を残して削除し、2chブラウザなども削除。 メールアカウントをはじめとして、私のMobileMeに紐付けられている情報は全て削除してから機能制限を設定しました。

Img_0012

ん〜、SafariがONかOFFかしか選べないのが、とても不安です。
一応、親のいないところではネットを使えないように、普段はOFFにして預けようかなとは思っていますが.....
(我が家では、子どもに預けているパソコンは、ネットにつないでいません)

そんなことを考えていたら小学生の娘が、「お父さん、ちょっとネットで調べたいことがあるんだけど、iPad貸して!」と言ってきました。

ちょうど暇だったので、一緒にいれば変なページは見ないだろうと思いつつiPadを貸すと、
最初に次男の玩具を検索していました。

「アンパンマンのおもちゃ」 「トーマスのおもちゃ」

まぁ、こんな検索なら変なものは出てこないだろうと安心して見ていました。

そのうち、「私、新しい水着が欲しいんだ!」と言い出して、なにやら入力を始めました。

「女の子水着」

うぉぉぉぉ!! その検索フレーズは何か危険なニオイがする〜っ!!

Img_0013

幸い、むちゃくちゃ危険というレベルの検索結果は出なかったので、ちょっと安心しました。

Safariの使用を単純にOFFにしてしまうのではなく、スタートページと検索エンジンを「Yahoo!きっず」とかに設定できて、コンテンツにもフィルタリングができるような設定があれば、もっと安心してiPadを子どもに預けることができるのにな、と思いました。

追記:ブラウジング中に「+」をタップで、スタートページを変えることはできるんですよね。 機能として使っていなかったので、すっかり忘れていました。

アメリカというお国柄ではあまり必要ではないのかもしれませんが、家庭内で広く使ってもらいたいと思うのであれば、そういう設定も必要ではないでしょうかね。

そういえば、家のネットワークそのものにフィルタリングをかけるという手もあるんでしたっけ? ちょっと調べてみようかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

iPhone3GS、謎の発熱の原因と、起動時のSadマークの原因はいったいどこにあるのだろう?

朝のうち、異常発熱をしていた私のiPhone3GSですが、なんとか上京中に文鎮化することもなく、先ほど無事に自宅へ帰ってきました。

秋葉界隈でスタ丼を食べたり、ケーキを食べたりと、ちょいとカロリー過多な一日でした。

Img_00001

Img_00003


さて、問題のiPhoneですが、異常発熱を起こしたあと、コールドリブートをして、さらに公式Appの「Echofon」「foursquare」をiPhone単独でアップデートしました。

その後、iPhoneの筐体が熱くなることはなかったので、今朝の段階で動作が不安定だったこの2つのAppが原因だったのかな? なんてことも思ったのですが、家に帰ってから再びコールドリブートを行ったら、また下の画面がでました。

Img_0001

Img_0002

SpringBoardがクラッシュしちゃってますね。 再度コールドリブートをしたところ、無事に起動してきましたが、やっぱり何かおかしいようです。

やはり、悪評の高いRockあたりが原因なのでしょうか? それともRemoveRecent等のインストール&リムーブを繰り返しているのが原因なのでしょうか。

明日の夜から明後日にかけては、遠出をする予定もないので、再度3.1.2JBに戻して、4.0JB状態からRockをインストールせずにMyWiをインストールできるかどうか、試してみたいと思います。


さて、本日銀座のAppleStoreでiPhone4を触ってきました。
インストールされているいくつかのAppを起動したり、SafariとかMailの起動を試してみましたが、私の贔屓目からか、iOS4をインストールした3GSと、さほど差はないように感じました。

勿論、ディスプレイの密度とか、筐体の塊感とか、惹かれるポイントはありましたが、あと1年は3GSで我慢できそうだな、と感じました。 
3GSってのは、実に良くできた端末なのだな、というのが実感です。

現在、バックプレートに1cm弱のクラックが入っていますが、来年の新モデル発表まで、これで 乗り切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日はiPhoneと iPad を持って上京しているのですが、あれあれ? なんかiPhoneが発熱しているぞ!?

本日は、iPhoneとiPadを持って上京中です。
いつもならMacBookも持ってくるのですが、今回は日帰りということもあって、MacBookは自宅待機。

このポストは、秋葉のマクドから、iPadで書いています。
(しかし、外付けキーボードを使っての入力は、iOS4の方が賢いな....)

朝の7時に充電率100%のiPhoneを手にしてTXに乗り込んだのですが、Twitterで数回つぶやいたぐらいなのに、それからわずか60分ほどで、バッテリーが80%まで低下しました。

もちろんMyWiも使っていないし、音楽も聴いていません。

しかも、なぜかiPhoneがホカホカ。 充分カイロとして役に立ちそうな温度です。

裏で何か変なプロセスが走っているのではなかろうかと思って、コールドリブートをしたところ、発熱自体は収まりました。

それから40分経過して、現在のバッテリー残量は76%。 筐体もひんやりとしてきたので、どうやら落ち着いているようです。


TXに乗り込む前に(昨夜のリブートから今朝の間に)iOS4非対応の何かを動かした結果、変なプロセスが残ったのか、あるいはJBの影響か、それともRockをインストールしたからなのか、あるいはもっと別の理由なのか。


理由はまだはっきりしていませんが、とりあえず夜に帰宅するまで、無事に動作していて欲しいものです。


これからヨドバシ等で仕事のための買い物をして、夕方に銀座に向かう予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

iPhone3GSに入れた「 MyWi 4.0 」のWifiモードをONにしたまま1日過ごすと、バッテリーがどんな感じになるのか試してみた。 (with iPad)

MyWi4.0 は本日で3日目。

昨日のポストのあとで、3G→Wifiのテザリングを使ったあと、自宅のWifiに自動接続しなくなるという不具合に気がつきました。

一度目は再起動(一度完全に電源を切ってから再度電源投入)で本来のWifi自動接続が復活しましたが、本日の夕方に再度は再起動したところ、Mobile Substrate がクラッシュしたのか Sadマークがでて、Safeモードになりました。

バージョンアップで修正されるといいのですが、ひょっとするとクラッシュはRock自体の問題かなぁと思ったり思わなかったり。

さて、本日は朝の出勤時から MyWiをWifiモードに固定して、バッテリーがどのぐらいもつか、というより充電環境には本来事欠かないのですが、日常の使用に耐えうるかを調べてみました。


午前7時57分。Wifi出力のパワーを30%に絞って実験開始。 この時点でバッテリーは96%。

Img_0001

ここから午後2時までの間に、車での移動が合計5回、70分。
その間は常にカーオーディオにつないだ純正AVケーブル経由でPodcastを流しつつ、USB給電。

それ以外はMacやACから充電することなく、内蔵バッテリーのみで使い続けました。

途中Skype発信で5分、docomo網の電話着信で5分ほど話した以外は、twitterのポストにもほとんど使わず、ネットの使用はMacBook ProとiPadからに限定して、ひたすらWifiルータとして使っていましたが、午後2時12分にバッテリー残量20%の警告が出たので、MacからUSB給電を開始しました。

警告が出るまで、使用開始時刻から、6時間15分。 
途中70分は車のUSBから充電をしてバッテリーを若干回復させたので、単純にそこから70分を引くわけにはいきませんが、フル充電で4時間はいけるのではないかと、バッテリー残量の減り具合から感じました。

iPhoneの筐体は、Podcastを聴きつつ、充電しつつ、Wifiルーター化していた車内において若干熱を帯びましたが、それ以外は特に気になるほど熱くなることもなく、Wifiのパワーを絞っている効果がでているのかな? と感じました。


しかし.... こんな中途半端な実験もどきのことをしていて思ったのですが、

iPhoneは基本的に単体で必要十分なネット環境を持っているので、メールチェックやwebでの簡単な調べ物程度であれば、わざわざMyWiを起動するまでもないわけです。

このあたり、SIMを抜いたiPhoneをネット接続するために、N-04Bのアクセスポイントモードを使うのとは、根本的に違うわけですよね。

ポケットからiPhoneを取り出してメールチェックをするためにN-04Bのアクセスポイントモードを起動する手間と、カバンからMacBookやiPadを取り出してネットを使うためにMyWiを起ち上げる手間。

アクセスポイントモードとMyWiの起動に要する時間はそれほど変わらないのに、iPhoneがとっても手軽(上記緑部分)だからこそ、N-04Bの操作が面倒に感じてしまうのかもしれません。

これが、MacBookのためにN-04Bのアクセスポイントモードを起動するということであれば、それほど面倒に感じないのだから、人間の感覚というのは面白いものですね。


さて、明日は野暮用で東京に行くことになりました。
今度こそ、予備バッテリーとSuicaカードを忘れないようにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »