« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

iOS4に対応した MyWi4.0を2日間使ってみたが、やはりこれは一度使ったら手放せない神アプリだと思う。

昨日アップデートをして、iOS4に対応になった MyWi 4.0を2日間使ってみての感想です。

以前のバージョンでは3G→Wifi のテザリングをOFFにすると、USB/Bluetoothテザリングも同時にOFFになっていましたが(あれ? そうでしたよね? うちのだけですか?)、今回のバージョンでは、Wifiを切ってもテザリング自体は継続されるようになりました。

Img_0001_2


というよりも、上の図のように、USBのトグルがOFFになった状態でも、WifiのトグルだけONにすることができるようになっていますので、完全に独立した、ということなのでしょう。
※もちろん、この状態で普通にWifi経由のテザリングが可能です。

昨日から今日までの間に一度だけ、USBテザリング中に電話の着信があってUSBケーブルを切り離したら、その後Macを再起動するまでiPhoneが認識されなかった、というトラブルがありました。

この原因がMyWiにあるのかどうかは不明ですが、今のところトラブルらしいトラブルはこれぐらいでしょうか。

N-04Bのアクセスポイントモードも便利ですが、やはりiPhoneを1台持てばdocomo網での通信環境・閲覧環境がきちんと整うという便利さは、何物にも代え難いな、と思います。

その点からも、MyWiはまさに神アプリだな、と思うわけです。



Wifi経由でのテザリングは確かにバッテリーを消耗しますが、今回のバージョンではWifiのパワーを最大出力の30% まで絞ることができるようになったので、以前よりも長時間使えそうです。

もちろん、iPhoneは見えないところでいろんなプロセスが動いている上に、表示されるバッテリーの%表示も必ずしもリニアに表示されているとは思えず、さらにそこを流れるデータの量も常に均一とは限らないので、単純に○○%長持ち、という計算はできないのでしょうけど。

まだ、Wifiテザでの連続動作テストはしていないのですが、近いうちに仕事等に支障のない時を見つけて、試してみたいと思っています。

しかしまぁ、最大出力を30%まで絞ったところで、やはりUSBテザと違って、iPhone本体はほんのりとあたたかくなりますね。 この発熱に変化した分のバッテリーが勿体ないな、なんて、文系な私は考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

弱ネット依存症の私が、N-04BとiPhone3GSを持って上京し、予備バッテリーなしでどのぐらいの時間頑張れたか。

昨日、MacBook Proの修理のために上京をしました。

iPadは持って行かなかったので、docomoのSIMを iPhone3GSにいれて使う予定でした。

カバンの中には予備としてN-04Bを入れておいたのですが、TXに乗ろうとした時、カードタイプのSuicaを家に忘れてきたことに気がつきました。

さらに、昨夜充電をしておいたエネループの外部バッテリーとエヴァなバッテリーケースも別のカバンに入れて置いてきてしまったことに気がついて呆然。


財布の中にはそれほど余分な現金もなかったので、ここはモバイルSuica頼みだな、ということで、急遽SIMをN-04Bに移植。 iPhoneからのネット接続はN-04Bのアクセスポイントモード(以下「APモード」)経由ですることに決めました。

SIMを抜いたiPhoneのバッテリーは結構長持ちしますが、問題はN-04Bのバッテリーが切れた際に、それをバックアップする手段が皆無だということです。

単身でのんびりと上京しているのであれば、ヨドバシカメラとかの店頭にある充電BOXに携帯をあずけて、ということも可能でしょうが、何しろ子どもたちを連れてあちこち歩き回らなくてはいけないので、それは難しそうです。

Img_0016


いよいよN-04Bのバッテリーが危なくなったら、乾電池4本とかでFOMAを充電できるタイプの充電器を買うしかないな、と半ば覚悟を決めつつも、そんな充電器が家には既に3つもあることを思い返して、とりあえず今日一日はN-04BもiPhone3GSも節電しよう! と誓ったのが午前7時。

「N-04BのAPモードは、必要な時にONにするのではなく、電話をかけなければならない時にOFFにするんだ!」 とか言っていた私ですが、流石にそんなことは言っていられません。 できることならば、ネットに接続しない時には電源ごと切ってしまいたいところですが、仕事の電話がかかってくる予定があったので、APモードのON/OFFでバッテリーの消耗を抑えることにしました。

しかしながら、弱ネット依存症の私は、ついついポケットからiPhoneを取り出して、ついついtwitterのTimeLineを追いたくなったり、メールのチェックをしたくなったり。

30分に一度ぐらい、APモードをONにしたら即メールチェック。 twitterのTimeLineは200POSTぐらいだけ流し読みして、ちょっとだけTwitterにポストして、即APモードOFF。

AppleStoreはWifi完備なので、N-04Bは温存。マクドとかのMobilePointが使える所にいる時もN-04Bを温存しつつ、iPhoneも控えめに使用。

そんなことを繰り返しつつ、午後5時にTXを降りて車に乗り込んだわけですが、

この間、N-04Bの使用状況は
 通話 約10分。
 送ったメール(画像付き) 5通。
 撮影した画像5枚。

iPhoneの方は
 twitterでの発言 約30。 
 TimeLineを眺めたのも約30回。 
 撮影した画像7枚。
 そのほか、Safariでweb閲覧など合計10分程度。
 子どもたちがゲームを合計20分ぐらい。
 音楽の再生 0分

そして、この時点で、N-04Bのバッテリー残は45%。 iPhoneのバッテリー残は30%。 
思っていたよりは残っていたな、というかよく我慢したオレ、というのが正直な感想。

なんとか予備バッテリーを使わずに、9時間の旅を終えることができましたが、ネットを我慢するのは精神衛生上とても良くないので、これからは外部バッテリーを絶対に忘れないようにしたいと思ったのでした。

そうそう、エヴァなバッテリーが元気なうちは、iPhone3GSを使い続けなくては! なんてことにも気がついてしまいました。(iPhone4はきっと刺さらない)


ここで急にまじめなことを書いてしまうのですが、ネットを制限した分、この日は子どもたちといつも以上にいろんな会話をしていたような気がします。

Img_0008_2

いや、ネットを多用している時でさえ、私は【無口だね】と皮肉を言われるぐらい良くしゃべる人間なのですが、時にはiPhoneや携帯の画面から目を離して、子どもたちと同じものを見て、一緒に感動をして、感想を話し合うってのは、やっぱり大切だなぁ、と感じた一日でした。

あぁ、まじめなことを書いてしまった! そして今回は画像なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MyWi がiOS4に対応してくれて、しかも機能アップしてくれたことが嬉しかったので、アップグレード料金 $9.99を PayPal経由で払ってみた。

MyWi4.0にはトライアル期間も用意されているわけですが、嬉しさのあまりトライアル期間中にもかかわらず、PayPalでの支払いをしてしまいました。

RockのMyWiの画面から購入の【$19.99】ボタンをクリックするとこの画面に。

Img_0002_2

Rockに登録してあるIDとパスワードを入力すると、既に前のバージョンを購入していたので、$9.99の価格が提示されました。

Img_0003_2

慌ててここにある【Apply】を押してはいけません。 下にスクロールです。

私はPayPalで支払うので、下のボタンをクリック。

Img_0004_2

すると、下のようなPayPalログイン画面がでるので、入力しやすいように画面を拡大しつつ、ここで再びログイン。

Img_0005

注文内容を確認します。 $9.99 間違いありません。 Place Orderをタップ。

Img_0006_2

下の画面がでれば支払い終了です。

Img_0007

リブートの後、Trial の表示も消えて、スッキリ!

アップグレード料金と言うこともあって、わずかに$9.99。 MyWiの便利さを考えれば、安い買い物だと、個人的には感じています。

「無料で使いたいんだけど」 なんていう質問も見かけますが、支払い方法も簡単ですし、気持ちよく払ってしまいましょう!

※注 意
 MyWiを使ってのテザリングはあくまでも自己責任で行って下さい。
 設定のミスなどにより高額なパケット料金を請求されることになっても、当方一切関知いたしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS4対応になった新しいMyWiは、結構色々と新しくて嬉しい機能が搭載されているようだ。(iPhone3GS)

先の記事で取り上げた新しいMyWiですが、他にも新しい機能があることに先ほど気がつきました。

まずはこちら。

Img_0002

USB経由のテザリングをする際に、3G網・Wifi網のどちらをUSBに流すかを選択することができます。
これで、無線LAN非搭載のノートPCをマクドナルド等でWifiに載せることができますね。

3Gテザリングは料金が心配、という方のための機能ということもできるかもしれません。

※iPod touchを無線子機にするような使い方もできるわけですね。

さらにこちら。

Img_0003

DHCPのセグメントを6種類の中から選択することができるようになりました。
全く関係のない、という人も少なくないとは思いますが、セキュリティを気にされる方、諸事情のある方、あるいは「意地でも192.168.*.*は」使わない! というこだわりのある方にはありがたい機能ではないでしょうか。

本日はネット環境のないところでiPadを使う予定もありますので、早速Wifi経由のテザリングが活躍しそうです。

※注 意
 MyWiを使ってのテザリングはあくまでも自己責任で行って下さい。
 設定のミスなどにより高額なパケット料金を請求されることになっても、当方一切関知いたしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS4 でも脱獄していれば安定してテザリングができる、MyWiがバージョンアップして、よりスマートになった!

iOS4GMを入れた頃から待ちかねていた、MyWiのバージョンアップが来ました!

Img_0001

4.0.97で、iOS4に対応したようです。
一応、前と同様にCydiaからではなく、Rockの方からインストールしてみました。
(前回、Cydia経由でトラブったので)

Img_0004

IntelliStatusBarIconsが一緒にインストールされます。

Img_0006

なるほど、設定項目の中に、こんな選択肢が増えました。
純正のテザのように青く画面上部を光らせるのではなく、アイコン表示だけにする事が可能になりました。

こんな感じになります。

Img_0011


この状態でロック画面にするとこうなります。

Img_0013



純正のテザリング状態だと、Appによってはボタンが押しにくかったりしましたが、これだとその手の問題は回避できそうですね。

あとは、青く光るテザリングマークを隠すために、ついついカフェなどでiPhoneを伏せてしまっている方々にも朗報だと思います。

追記:説明文によると、青く光らない方がバッテリーの保ちがよいとのことです。


Img_0008

WifiのTransmit Powerを絞ることもできます。 0〜100%の間の調整がスライダーによって可能です。(実用的な範囲はテストしていないので不明です)

追記:説明文によると30〜100%の間で可変だそうです。

これで、N-04Bと共に、iPadとの連携ができるようになりました。
早速本日からMyWi運用を始めたいと思います。

追記:先ほどアップデートがありました。 4.0.97をインストールしている方は、要チェックです。

Img_0001_2

※注 意
 MyWiを使ってのテザリングはあくまでも自己責任で行って下さい。
 設定のミスなどにより高額なパケット料金を請求されることになっても、当方一切関知いたしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

iOS4の フォルダ機能は、こんな使い方ができるので、月一上京の田舎者にとっても便利。

iOS4の目玉でもある「フォルダ機能」ですが、私の使い方は先の記事の通り。

Dockを除いて1画面最大4つまでのフォルダに絞っていますが、それでも4フォルダで最大48のAppが入るのですから、2画面目以降にはほとんど移動せずに使っています。

ところで、私はひと月に数日だけ東京で仕事をする田舎者です。

田舎で仕事をしている時には、基本的に車で移動をしているので、電車関係のAppなどは全く不要です。

「foursquare」に至っては、競う相手がいないどころか、ブログの内容から現住所を特定される恐れがあるほどの過疎具合なので、都会に行く時しか使わなかったりもします。

そんなわけで、電車やホテル関係のAppは一つのフォルダにまとめて3画面目に置いてあるのですが、本日MacBook Proの修理のために上京するような時には、これをフォルダごと1画面目に持ってきます。

Img_0001

逆に、本日は基本的に「オフ」なので、普段仕事に使っているWorkフォルダを3画面目に送ってしまいます。(わざわざ送らなくとも、1画面のフォルダはそれでも5つだけなので、視認性には大して影響はないようですけどね)

今までなら、上京中に使いそうなAppを2画面目にまとめたり、1画面目の仕事関係のAppを3画面目に送ったりと、Appを一つ一つ移動していたのですが、フォルダごとあっという間に移動ができるのは、とても便利です。

飲み会やオフでよく使うApp(BumpとかQRコード系とか)をまとめておいたり、アレ系なAppを目立たないところに追いやったりと、用途は色々ありそうです。


そんなわけで、本日のHOME画面はこちら。

Img_0001_2

壁紙のセンスはともかく、脱獄をしなくとも、標準の機能でこれだけスッキリまとめることができるiOS4は、やっぱり手放せないですね。(細かなバグがあるという話ですが....)

そんなわけで、これから東京へ出かけてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

iOS4 に Ultrasn0wを適用した iPhone3GSのテザリングが若干不安定なので、N-04Bがやはり手放せなくなっている。

iOS4をPwnageTool4.01で脱獄している我が家のiPhone3GSは、docomo運用をするために
Ultrasn0wを入れてあります。

これで純正テザリング機能が使えるようになって、docomoでのUSBテザリングができているわけですが、昨日から2度ほど、テザリング不能になりました。

通常であれば、環境設定の"ネットワーク"に こんな表示が出るのですが

20100626_80046

iPhone側ではちゃんとテザリングのトグルも有効になっていても、Mac側がiPhoneを認識してくれないという状態です。


iTunesの再インストールが必要か? なんてことも考えましたが、MacBook Proを再起動をしたら、あっけなく認識してくれました。

原因がMac側にあるのか、Ultrasn0wにあるのか、それとも iPhoneのハードにあるのかは今のところ不明です。

MyWiが使えれば、iPhone自体を無線ルータ化できるので、例えばiTunes関係のファイルに不具合が生じた状態でもAirMac経由で問題なくテザリングできるのですが、現在のところiOS4では動作しないとの情報。

せっかく iOS4純正テザリングが使えるようになったものの、当分の間は、アクセスポイントモードが使えるN-04Bを一緒に持ち歩かなくてはいけないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

iOS4 GMを入れていたiPhone3Gを、iTunes9.2で3.0.1にダウングレードしてみたけど、Appのバージョンの関係で余計にややこしくなったり

先日の記事の通り、手持ちのiPhone3Gには、 3GSより先にiOS4 GM(GoldenMaster)版を入れていました。

インストールしたときの画像がこちらです。

Img_00063g


喜び勇んで入れては見たものの、3Gでは機能の制限があるし、何よりも起動直後はともかく、動きがなんとなく緩慢になっているような気もしてきたので、思い切ってOSをダウングレードすることにしました。

以下、脱獄要素満載ですので、アンチ脱獄の方はスルーして下さい。

手元には3.0と3.0.1のipswファイルがありました。 モデムファームウェアはiOS4GMのインストールで05.13.04に上がってしまっているので、これも元に戻すことにしました。

以下の手順が正しいかどうかはともかく、一応ちゃんと動く状態になりましたので、自分のための覚え書きも兼ねて書いておきます。


iTunes9.2から「option」 + 復元で 3G用3.0のipswを指定して復元をかけると、最後の頃に【不明なエラー 1015】 が出現するので、iRecoveryを使ってリブート → 成功
※iRecoveryについてはweb上に使い方が沢山ありますので、そちらを参照して下さい

ここから一旦ノーマルの3.0.1にup。
(※最初から3.0.1にしてもよかったんだろうけど、気分的な問題でこの手順にしました)
ここでも最後の頃に【不明なエラー 1015】 が出現したので、iRecoveryを使ってリブート → 成功

次にredsn0w 0.8を起動して、3G用3.0のipswを使って脱獄。

20100625_163454

画面の指示に従ってDFUモードに入れると、自動でiPhoneが再起動して完了。

これで、3.0.1JB環境ができあがりました。

早速Cydiaを起動して、Fuzzybandを探してインストール。

Img_0002

Fuzzybandを起動してみます。

Img_0005

私の3Gは初期ロットなので、ブートローダーが05.08。 Fuzzybandを使えば、簡単にベースバンドを04.26.08に下げることができます。

Img_0006

ベースバンドを下げる作業には結構時間がかかりましたが

Img_0007

数分後、無事に作業終了。
「設定」→「一般」→「情報」で確認してみます。

Img_0008

この通り、OSが3.0.1で BBが04.26.08な3Gに戻すことができました。

もっとも、Ultrasn0wが最新のモデムファームウェアでもアンロックできるようになった現在、04.26.08に戻さなくてはならないという理由もないのですが、なんとなくバージョンは合わせておいた方が気持ちがいいと言うだけの理由で戻してみました。


スッキリ戻ったのはよいのですが、前の記事にも書いたように、手持ちのiPhoneのOSのバージョンが入り乱れていると、Appによっては特定のiPhoneでしか動かなかったり、逆に特定のiPhoneでは動かなかったりするわけです。

言うまでもなく、3.1.3以降に登場したAppなどは、3.0.1では動かないことも珍しくありません。

かといって3GをiOS4で使い続ける気にもなれないし、3.1.3あたりに上げるか、それともいっそのこと売りに出してしまおうかな、なんててことも考える、金曜の午後なのでした。

う〜ん、どうしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Appストアで買ったAppをうっかりiOS4対応のものにバージョンアップしてしまうと、他の古い端末では使えなくなってしまうものがあるという状況を、Appleはどう見ているのだろう。

私は3GからのiPhoneユーザーなので、Macに入っているiTunesにはリリース日がかなり古いAppもあります。

その中には、順調にバージョンアップを重ねていって、早くもiOS4に正式対応(ネイティブにマルチタスク対応はしてなくとも)しているものもあれば、有料だったのに3.1対応を最後にぱったりとバージョンアップが止まっているものもあります。

無料だったAppや、500円未満で買ったAppに、恒久的なバージョンアップを求めるつもりもありませんし、そもそもiPhone用として購入したAppに無料でiPadへのネイティブ対応を求めるつもりもありません。

しかしながら、「問題だな」と思ってしまうのは、iPhoneのOSを上げることで、使えなくなってしまうAppもあれば、 iPhoneのOSを維持していても、不用意にアップデートをしてしまうことで使えなくなってしまうAppもあるということです。

特に問題なのは、同じアカウント・同じ iTunes で、OSバージョンの違うiPhone、あるいはiPod touchを複数管理している場合です。

20100625_85713


我が家では、つい先日まで 2.2.1(touch) と 3.0.1(3G) と 3.1.3(3GS) が混在していましたので、Appによっては3GSでは使えるが、3Gでは使えないとか、touchで使いたいがために、更新ができないものもありました。

アップデートを無視することが面倒になってきたので、touchも(有料の)3.1.3に上げてしまったのですが、これが大失敗。 初代touchには3.1.3は荷が重すぎたようです。

かくして、現在私の手元には、3.1.3のtouchとiOS4の3G、3GSがあるわけですが、正直なところ、「3GをiOS4で運用するのはちょっと辛いかな」と思い始めているので、これは近々3.1.3あたりに戻したいな、と考えています。


やや話が脱線してきましたが、Appleにお願いしたいのは、デフォルトの機能でなくともよいので、各Appのバージョン情報を端末個体に紐付けしてもらいたい、ということです。

例えば 3G 3.1.3 にインストールしているAというAppにアップデートが来て、iOS4対応になったとして、それが3.1.3では普通に動かなくなるのであれば、古いバージョンを3G用に保存しつつ、iPhone4用には新しいバージョンをダウンロードして、それぞれiTunes内で管理するとか。

1人でiPhoneを複数所有している人はそれほど多くないのかもしれませんが、家族で複数の端末を所有しつつ、例えばクレジットカードの関係で父親のアカウントで一括管理している家庭もあるかもしれません。

Appleが古いOSや古いAppを突然ばっさりと切り捨てていくことには、もうすっかり慣れていますが、touch、iPhone、iPadと、Appleマニア以外が多くの端末を所有するようになった現在、その辺りの事情も少し考えてくれると嬉しいんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

本日は iPhone4の発売日なのですが、3G・3GSと買い続けた私が、今回は予約すらしていないわけですが。

本日iPhone4を入手されたみなさま、おめでとうございます。
心からお喜び申し上げます。


さて、Appleへの忠誠心を示すがごとく、iPodを買い続け、touchを買い、iPhoneは3Gも3GSも発売直後に入手して、予約しそこねたiPadもAppleStore銀座に開店前から並ぶことで入手してきた私ですが、本日発売のiPhone4は、当面の間購入を見送ることにしました。

Photo


以下、まるで負け惜しみにしか聞こえない、【私が当面iPhone4を買わない理由】です。


現在メインで使っているiPhone3GSはiOS4の導入により、「iPhone4ではないが機能は似ている」という、いわゆるアラフォー状態となったわけですが、これが実に快適なわけです。

Img_0001


なんといっても、フォルダ機能とHOMEボタンダブルクリックによる、【マルチタスク】というよりはむしろ【最近使ったApp】の切り替えが便利で、最近ではHOME画面をフリックして移動することも少なくなりました。

たしかにフォルダにAppを入れることで、Appの起動にはワンアクション余計になったわけですが、HOME画面をフリックしつつ目的のAppを探す手間が減ったので、私の使い方においては、むしろAppの起動が簡単になったと思っています。

綺麗な液晶画面も魅力的ですし、HOMEボタンが3GSなどのものよりもしっかりとした質感であることなんかは、正直言って魅力的です。

あ、内側に付いたカメラはいりません。 使い道が思いつきません。


そもそも、私にとって何よりもiPhone4の残念ポイントは、Micro-SIM仕様であること。 

これでは、たとえSIMフリー版を買ったところで、あるいはアンロックが可能になったところで、N-04Bに挿しているdocomoのSIMが入りません。

「SIMを切ってしまえば?」
というご提案も頂きましたが、もとより手先が非常に不器用な私にとって、SIMを切り刻むなんて事は、
「無免許の私が酔った勢いでバチスタ手術をやる」ぐらいの暴挙に思えてなりません。

20100624_143956

バチスタ手術についてはこちら


しかし、だからと言っていつまでも3GSが現役でいられるとも限りません。
そこで、以下の3つの全ての条件が整えば、そのときは購入を検討しようかと思います。


1. 現在使用しているN-04Bで、切り刻んだSIMにアダプタを噛ませたものが全く問題なく使えるという報告が各所(某匿名掲示板を除外)に上がる。

2. SIMフリーのiPhone4が安定供給状態になり、国内でも容易に入手できるようになる。

3. 3GSの筐体破損が、実用に耐えない状況になる。

これら3つの条件を全て満たされるのが先か、あるいはiPhone4の次のモデルが発表になるのが先か、それともiPhone4が日本国内においてもSIMフリーとなるのが先か、全く先の見えない状況ではありますが、一つだけ確かなことがあります。

それは、「Softbankと契約してiPhoneを使うつもりはない」 ということ。

街中を真っ直ぐ貫いている国道沿いでしか満足に使えないとか、田舎者をバカにしすぎだぞ!

そう叫びながら、N-04BのAPモードにぶら下げたり、docomoのSIMを入れたりしながら、愛しいiPhone3GSを使い続けるのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

N-04BのアクセスポイントモードをiPhone、iPad、MacBook Proで使うために、必要に応じて起動するのではなく、必要に応じて終了することにすれば便利。

とりあえず、iOS4を入れたiPhone3GSでも、docomoのSIMを使ったテザリングが可能になったわけですが(前記事参照)、現時点で MyWiが正式に iOS4 に対応していないため、 iPhone3GS 単独では iPadへのテザリングができません。

手持ちのMacBook Proを使えば、iPhoneからのUSB接続をWifiに変換して、iPadからもネットに接続することができるのですが、だったらMacBook Proをそのまま使えばいいのでは? という本末転倒な事態になってしまいます。 ( もちろん、iPadでできることの全てがMacBook Proで できるわけではありませんが )


そんなわけで、iOS4のGM版を入れて MyWiが使えなくなってからは、基本的にN-04Bのアクセスポイントモード( 以下「APモード」)を使って、そこに各端末をぶら下げるようにしています。

N-04BはAPモード中であっても、音声電話の着信は可能ですし、オサイフケータイも普通に使えます。 iモードメールに関しては、以前書いたように 自宅のMac miniが imotenを走らせて、1分間隔でチェックをしてMobileMeに転送してくれるので、こちらも問題ありません。

結果として、常時APモードにしておいたところで、私にとって不便なのは docomo回線での電話発信ぐらい、ということになります。

この運用方法で心配なのは、N-04BをAPモードにしている間のバッテリーの持続時間ですが、常時多量のパケットを送受信しているような状況でなければ、100%充電の状態から2時間は楽々使えるようです。

私の複数ある仕事場間の距離は、最長でも車で40分程度。 仕事場に行けばN-04Bを卓上ホルダに設置してしまうので、バッテリーの心配もありません。

また、現場などに出て電源が確保できないという状況も、長くとも2時間程度ですし、その前後は車で移動することがほとんどなので、車内に設置したUSB端子からの充電が可能です。

さらに現場でMacBookProを使っているときなら、そのパワフルなバッテリーをUSB経由で利用することも可能です。

12v

もし、途中でN-04Bのバッテリーがどうしても怪しくなったとき、iPhoneのバッテリーに余力があれば、SIMをiPhoneに差し替えれ ば、とりあえずiPhone単体での通話とネット接続は可能になるわけです。(3G接続視しないで持ち歩いているiPhoneのバッテリーは想定外に長持 ちします。)

 

結論としては、N-04Bのバッテリーを消耗品と割り切ってしまえば、APモードはONをデフォルトとして、必要なときだけOFFにすればよい、という結論に至りました。

自宅を出るときにAPモードにしたら、あとはどうしてもdocomo回線で電話をかける必要がある時のみ、APモードをOFFにして、用事が済んだら再びAPモードにする。

iPhoneとiPadのスリープ時のWifi接続状況によっては、APモードの接続待時間設定を眺めにとっておいても、APモードが終了してしまうこともあるので、そんな時はAPモードを開始するのに十数秒のロスタイムが発生しますが、そこは慣れるしかないかな、と思います。

しかしながら、iPhone、iPad、MacBook Proが、docomoの電波のあるところでなら、わずかな手間でネットに接続できるという利便性は、もう手放すことができません。

しばらくの間、とりあえず MyWiがiOS4に正式対応するまでは、こんな使い方で過ごしてみようと思っています。

さて、今朝PwnageTool4.0でCFWを作ったばかりだというのに、先ほど4.01が発表になりました。 

これから再度CFWを作ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iOS4 + docomoのSIM で テザリングができたっ! でもiPadを同時に使いたいから MyWiのiOS4対応版が早く出て欲しい。

今朝方、iOS4をJailbreakする、PwnageTool4.0がリリースされました。

私の今朝の時点での環境は、iOS4.0GM JB + Blacksn0w ( 旧ブートROM 3.1.3JB歴あり Spirit使用歴なし )だったので、このツールの使用条件を満たしていました。

早速、正規リリース版 iOS4のipswを読み込ませて、CFWを作成しました。

20100623_53624

先に書いたように、既に 3.1.3の時点でJB済みでしたので、iTunesで 「option」+復元 をクリックし、作成したCFWを指定すれば、すんなりとiPhoneに放り込んでくれました。

20100623_55408

あとは、レポジトリ「http://repo666.ultrasn0w.com」をAddして、Ultrasn0w 0.93を検索&インストール。

その後、3.1.3の頃から使っている docomo用のプロファイルを読み込ませて(多分、ネットのあちこちに転がっているはずですので、moperaのID・パスワードを記載してやれば大丈夫なはず)、テザリングの項目をONにしたら、無事にこの画面になりました。

追記:「設定」→「一般」→「ネットワーク」→「モバイルデータ通信ネットワーク」の項目の中の、「インターネットテザリング」の欄にAPN、ユーザ名、パスワードを入力しないと、テザリングのトグルが出現しないようです。

Img_0001

現在、USBテザでMacBook Proからアクセス中です。

Ultrasn0w、ありがとう!!


でも、同時にiPad も使いたいから、MyWiがiOS4に対応してくれるまでは、N-04Bのアクセスポイントモード経由がメインになりそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ブログ記事数が100を超えた日に、13,000PV/DAYを達成しました。 ありがとうございました。

Mac、iPhone、iPadを中心に記事を書いてきた当ブログですが、昨日朝にリリースされたのiOS4特需のせいか、昨日は過去最高のPVを記録しました。

記念に自分のための記事を書いちゃいます。

まずは、時間ごとのアクセス数を。

20100623_85821_3

12時台に997PVを記録しました。  今までの3日分です。

そして過去7日間のアクセス変化がこちら。

20100623_91009


ここ数日は1,000PVを超えていたのですが、それ以前のアクセス数と比較するために過去30日間のアクセス数も載せちゃいましょう。

20100623_85909

N-04Bのアクセスポイントモードの記事が5月31日。 この日を境にPVが明らかに増加しています。

そして、iPadを買ったのが6月11日。 

N-04BとiPad。 どうやら この2つの素材に助けられて、PVが伸びていたようです。

そして、昨日のiOS4。 午前3時台のアクセスが多いのは、ダウンロード待ち、あるいはアップデート作業待ちの間に訪問して下さった方が多かったからでしょうね。

偶然にも、昨日書いた記事で100記事目となりました。

生来飽きっぽい性格なので、このブログもいつまで続くか分かりませんが、よろしければまたご訪問下さい。

本日も、ご訪問いただきまして、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

iOS4 と Bluetooth キーボードで、さらにさらにポメラの上を目指してみたりする。 ( iPhone3GS )

先に書いた記事、「iOS4 GMを入れたiPhone3GS を Bluetoothキーボードと組み合わせてみたら、ポメラより使いやすいかも。 」の続編です。

先の記事には、致命的な弱点がありました。 それは、Apple純正の Wireless Keyboardは、やはり持ち運ぶにはちょっと大きい、ということです。

それならば、 小さなキーボードと組み合わせれば文句はあるまい! ということで、引き出しの奥から引っ張り出してきたのが、リュウド株式会社のBluetoothワイヤレスキーボード RBK-2000BT II。

その昔、X-02HTと組み合わせようと思って買ったまま、ほとんど使わずに眠らせていた一品です。

ごらんのとおり、折りたたんだ状態では、とてもコンパクトです。

Btkey

さすがにワイシャツの胸ポケットには入りませんが、ビジネスバッグのポケットになら楽々収まるサイズです。

開いたところがこちら。

Btkey2_2

クリックで拡大表示します

さらに仕掛けがあって、キーボード左側のところにスタンドが出現します。

Nec_0004

クリックで拡大表示します

 

ここにiPhoneを立てかけるとこんな感じ。
iPhoneとのペアリングは、「fn」キーと「 ` ( ~ )」キーを同時に押して、iPhone側からキーボードを見つけ、キーボードから数字を入力するだけです。


Nec_0003

スタンドの大きさを考えても、iPadを立てかけるのは無理のようです。

横向きにしてに置いてもいい感じ。

Nec_0006_2


クリックで拡大表示します

 

このキーボードはいわゆる英字配列ですが、iPhoneではちゃんと記号がキーの刻印通りに入力されます。

日本語入力をする際には、「cmd (win)」と書かれているキーとスペースキーを同時に押すことで、入力モードを切り替えることができます。


Apple純正のWireless Keyboardと違って、折りたたむなどの結果、キーボードがスリープ状態になったら、次に使う際に再度ペアリングの操作が必要です。

それでも、iPhoneのBluetoothペアリングは操作も簡単ですので、それほど大きなマイナス要因ではないと思います。

何よりも、Appleの純正キーボードと違って、iPhoneを保持するスタンドも付いているというのが、カフェなどで入力をしなくてはいけない場合にはとても便利です。

先の記事でも書いたように、iPhoneは標準でネットワーク環境とカメラを内蔵しているわけですし、このキーボードとの組み合わせで、ポメラのさらに上に立つことができたのではないかと思うのですが、いかがでしょう?


| | コメント (3) | トラックバック (0)

iOS4と共に、いよいよiPhoneにもiBooksがやってきた! でも日本の書籍は??

iOS4がリリースされたのに伴って、iBooksもiPhone対応となりました。

すでにiPadの方では日本でもiBooksが使えていたわけですが、やっとiPhoneも追いついた、ということですね。

Img_0001


さて、早速起動してみましょう。


Img_000001


iPadの方で購入した本が、そのまま書棚に収まっています。

iPhoneの本体を横向きにすると、こんな感じになります。

Img_0004

では、本を開いてみましょう。

大人の事情から、あちこちモザイクです。

Img_0008_2



ええ、私は英語が苦手なので、全く分かりません。
この画面も横にしてみましょう。

Img_0009_2

Img_0010_2

挿絵の部分と、本文が別のページに表示されました。

さすがにiPhoneの画面の大きさでは、iPadのように、見開きで表示、というわけにはいかないようですね。

ところで、iBooksには辞書で分からない単語を調べる機能があると聞きました。 ( 実は、iPadでは辞書機能を試していませんでした ) 

英語が苦手な私には嬉しい機能のようです。 試してみましょう。

Img_00001_2


単語を選択して、「辞書」をタップします。

Img_0002

なるほど、辞書のダウンロードが必要なのですね。 やってみましょう。

Img_0003

英・英辞書でした。 私には無縁の辞書っぽいです。

早く英・和辞書も用意してもらいたいものです。

そのほか、読書を支援する機能として、

Img_0004_2_2


フォントの大きさや字体の選択ができたり、


Img_0006_2


背景(紙面の色)をセピアカラーにしたり、

Img_0007_2


「設定」の画面を開かずに、画面の明るさを変えることができるようになっています。

最近眼が衰えてきた私には、ありがたい機能です。

Img_0003_2

残念ながら、英語や中国語で書かれた書籍はあるようですが、日本語で書かれた書籍、というか私が読みたいと思うような書籍はまだStoreに並んでいませんでした。

メールでPDFファイルをiPhoneに送れば、それも取り込めるということなのですが、そちらの方は、また後ほど試してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS4のGM版と正式リリース版のipswのサイズが違うということが、ちょっと引っかかっている (iPhone3GS)

正式にリリースされましたね、iOS4!

リリースを待って、さらにインストールに着手して、眠れない夜を過ごされた方も、多いのではないでしょうか。

私も先ほど正式リリース版を入手してみたのですが、すでに入手しているGM版とファイルサイズが違うのが気になります。

本日入手したのはこちら

20100622_53144_2


で、先に入手していたGM版がこちら

20100622_53200_2


本来、GM版(GoldenMaster版)は、正式にリリースされるものと全く同じもののはずですが、このサイズの違いはいったい何が原因なのでしょう?


ひょっとすると何らかの脱獄対策的なものが施されている可能性もあるかな、なんて気もするので、しばらくはGM版のまま使っていようかな、なんて考えた午前5時でした。

ちょっとwebの情報をさぐってみることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

iOS4に標準搭載のフォルダ機能、私はこんな風に使ってみることにした。(iPhone3GS)

MacBook Proのキーボードが壊れてしまって、若干凹み気味ではありますが、いよいよiOS4のリリース間近と言うことで、多少の凹みをしばし忘れるぐらい浮かれ気味だったりもしています。

さて、すでにGM版の iOS4を iPhone3GS にインストールしているわけですが、今回は標準で搭載されているフォルダ機能を使って、私なりに使いやすいと思える HOME画面を作ってみました。


Img_0001_2

基本的に全てのAppやブックマークをフォルダに分類して、それぞれの画面の一番上に1列に並べることにしました。
Dockのフォルダ3つと合わせて、20+3のフォルダになりました。

隣りの画面もこんな感じ。 基本的に2段目〜4段目は空けておいて、横長の壁紙がちゃんと見えるようにしました。 なんとなく上と下にDockがあるようにも見えるのが好きです。


Img_0002_2

フォルダの中もちょっと整理してみました。

空欄になっている部分には、要JBのiBlankで作成した透明のブックマークが入っています。

Img_0003

要JBアプリのCategoriesと違って、自分でアイコンを決めたりすることはできないわけですが、逆に中身がある程度(12このうち9個まで)見えることで、私にとってはむしろこちらの方が使いやすいようです。

iOS4のリリース直後はきっとダウンロードも混雑すると思いますし、バージョンアップは予想以上に時間がかかりますので、出勤前に慌てて作業をして 遅刻 or iPhoneを自宅に置いて出勤、なんてことにならないようにお気をつけ下さい。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

MacBook Pro のキートップが取れた! 近いうちに銀座に修理に行かなくては!

それはついさっきのこと。

数分間席を離れていて、席に戻ってきたらMacBook Pro 15インチの「N」と「,」の間に、突如として白い空間が出没していました。

Img_0002

実際には、この裏返しになっているキートップ「M」は、本来の位置から「delete'キーの方向へ約40cmほどのところに転がっていました。

一瞬、「ひょっとしたら自分で直せるかな?」と思ったのですが、キートップの裏側を見てみたら、ボディ側の金属製の金具にはまる爪が折れていました。

ひょっとすると、これが折れた拍子に、キートップが飛んでいったのかもしれません。

折れたキートップをしみじみと見てみましたが、それ自体がかなり薄くて、MacBook Proのボディから飛び出している部分がほぼ全てであり、海に浮かぶ氷山とは全く違うと言うことが分かります。

Img_0001

この構造だと、キートップ単体に何らかの強力な力が加わると、容易に爪が折れてしまうかもしれませんね。

普段は外付けキーボードばかり使っていて、本体のキーボードを触る機会は少ないのですが、気をつけなくてはいけないな、と思いました。

MacBook Proをお使いのみなさま、キートップに無理な力が加わらないよう、充分に気をつけましょう。

そして:

とりあえず本日は、iPhone・iPad用にと思ってカバンの中に入れてあった Bluetoothのキーボード(Apple Wireless Keyboard US)をMacBook Proにペアリングして使用中。  

今日の仕事場には外付けキーボードを置いていないので、不幸中の幸いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

iOS4 GMを入れたiPhone3GS を Bluetoothキーボードと組み合わせてみたら、ポメラより使いやすいかも。 

先日、一旦 iOS4 GM( GoldenMaster )版 から 3.1.3 に戻した私のiPhone3GSですが、本日再び iOS4に戻して、Bluetoothキーボードとペアリングしてみました。

「設定」→「一般」→「Bluetooth」と選んで、BluetoothをONにした後、キーボードをペアリング開始状態にすればそれを見つけてくれるので、キーボードから、iPhoneの画面に指定された数字とretuenキーを入力すればペアリング完了です。

Img_0033


標準のメモAppで使えるのは、まぁ当然のことですね。 これで使えなかったら泣きます。

Img_0001

変換途中でも、画面下部にソフトウェアキーボードが出ません。

もちろん純正Appであれば問題ないわけで

Img_0001_2

外付けキーボードなら、長い住所の入力も簡単にできそうです。

さらに、Twitterのクライアント、Echofon PRO でも試してみました。

Img_0002

ひょっとして、この組み合わせは最強のTwitterマシンになるかも!

Twitterが辞書に登録されていることに驚きました。 さすがです、Apple。

そして、私の現在の一押しがこのAppです。

Img_0037

App名は「Mental Note」(iTunesStoreへのリンクです)。 無料版もありますが、有料版は350円です。

1枚のメモの中に、画像、ボイスメモ、手描きのラインなどを混在させることができます。
ただし、現バージョンでは Bluetoothキーボードが接続されている状態だと、手描きのラインがひけないので、今後に期待しています。

作ったメモは、メールで送ったりフォトアルバムに保存できたりするので、Evernoteを使っている人は、自分のアカウント宛に送ってしまうのも良いかもしれません。(メモが丸ごと画像になって、それを添付したメールとして取り込まれます)

iPhoneのカメラで撮影したものに、その場で長文のコメントを添付して送ることができるので、使う方によっては、ポメラ以上の活躍を見せるのではないでしょうか。

私はApple純正のWireless Keyboard(US)ですが、キーの打ちやすさはポメラ以上だと感じていますし、キーボード自体も薄くて持ち運びが苦にならないサイズ・重さなので、しばらくはこれを持ち歩いて使ってみようと思っています。



※ 蛇足ですが、入力モードの切り替えは、Command + スペースキーで可能です。

Img_0001_3

ところで、まだまだiOS4に正式対応していないAppもあるようですね。 

開発終了となってしまったAppについては対応を望んでも無理なのでしょうが、早く手持ちのAppのほとんどがiOS4に対応してほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

iPad を バインダーノートに装着して、N-04B、iPhoneと併用して会議用記録システムを構築してみたりする。

私が今まで使っていた、会議参加時の記録セットはこちら。

Old


左上はマジックテープゾーンになっているので、エネループのモバイルブースターやdocomoの外部バッテリーの裏、花粉の季節には目薬の裏にもマジックテープを貼っておいて、ここにぺたぺたとくっつけています。

下のポケットには、iPod touchを常時入れておいて、MobileMeで同期してあるスケジュールの確認などに使っていました。

Touch


さて、今回 iPadを買ったことをきっかけに、このバインダーノートにiPadを挟んで、会議用の記録システムに組み込めないかと考えてみました。

まず、touchを除外して、N-04BまたはiPhone3Gをここに組み込みます。 
※N-04Bは厚みの関係で半身しか入りません。

3g

N-04BのアクセスポイントモードやiPhone3Gのテザリング機能を使って、Wifi モデルの iPadでもネットにアクセスができるようにします。(ここ、大事!)


さて、右側のレポート用紙をiPadに交換です。

0001new

まだ固定方法は確定していないので、現在のところ挟んで持ち歩くだけです。
現在のところ、純正ケースの裏にマジックテープを貼る案が有力です。

せっかくなので、Bluetoothのキーボードを一緒にバインダーノートの上に載せてみました。

Btkey


案外落ち着きは言いようです。 参加者1名分に用意されたスペースの中で、キー入力をすることも可能です。

では、このキーボードはうまくバインダーノートの中に収まるのでしょうか?

Img_0021

キーボード上部の脚(電池スペース)の高さと、純正ケースに入れたiPadの厚みが絶妙なバランスでぴったりです。

うまく蓋ができるかと試してみたところ、

Img_0022

残念ながら、左側のポケットに収めたiPhoneやバッテリーがキーボードに干渉してしまうようですが、考えてみればN-04Bも iPhoneも、会議の会場に着くまではポケットに入れてあるはずなので、問題はなさそうです。

幸いなことに、N-04Bの外部バッテリーは、うまく隙間に収まりました。

Img_0023

文字の入力はiPadで。音声を記録するのならiPhoneのボイスレコーダがあるし、写真を残したいのなら、N-04BとiPhoneのカメラがあります。

ノートパソコンを会議場に持ち込むと怪訝な顔をされることもありますし、iPhoneで記録を取っていると、携帯で遊んでいるように見えてしまうという難点がありますが、このシステムなら ( 場合によってはBluetoothキーボードを除外した構成にすれば)、そういった問題もクリアできそうです。

しかしまぁ、機材ヲタク・記録ヲタクになってしまって、肝心の会議に実が入らなくなってしまっては、本末転倒なのですが。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS4 GMを入れていたiPhone3GSを、iOS4正式リリース前に再び3.1.3に戻してみたりした。

フォルダ機能とか、マルチタスクとか、新しいものが大好きな私には堪えられない iOS4でしたが、特に動作などに不満はないものの、3.1.3のシンプルさも捨てがたいということで、正式リリースされる前に再び3.1.3(JB仕様)に戻してみました。

復元には「 iTunes9.2β 」と「 PwnageTool3.1.5改 」を使いました。

保存してある3.1.3のファイルからCFWを作成して、リカバリーモードからCFW指定の復元をするだけで、すんなり3.1.3JB状態に戻りました。

あとはいつもの手順を踏んで、docomoでテザ運用できるように手を入れて、アプリとか音楽を書き戻して終了。

ついでに、iOS4で試したフォルダ機能と似たような機能を3.1.3でも味わえる、Categories(要JB)を導入してみました。

 ※Shrinkも併用しているので、アイコンが少々小さくなってます。

Img_0001

整理途中ですが

iOS4純正と違って、フォルダの中身が見えない代わりに、フォルダのアイコンを選択することができたり、12個というAppの制限がないのが魅力です。

一番嬉しかったのは、Recentという空っぽのフォルダを作っておくと、そこに 最近使ったAppが自動で登録されるということです。

Img_0004

12個を超えて並んでいることも確認して下さい

このRecent機能はiOS4にも標準で用意して欲しかったですね。

とりあえず本日は、docomo のSIMを iPhone3GSに挿したまま、MyWi経由でiPadを運用しようと思っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

iOS4を入れたiPhone3GSの画面上に、現在「テザリング」の項目がでているのだが、ONにした瞬間に項目ごと消えそうで怖い

本日はテザリングをしなくてはいけない環境下にいるので、docomoのSIMをN-04Bに挿して運用しています。 docomoさん、お世話になっております。

表題の通りで、PwnageTool3.1.5改で作ったCFWを入れてあるせいか、「設定」→「一般」→「ネットワーク」とすすむと、こんな画面になっています。

Img_0001_2

「テザリング」の項目に進むと

Img_0002_2



この画面が現れます。

実は最初にiOSにした時にも一度現れたのですが、これをONにした瞬間に「テザリング」の項目と一緒に「モバイルデータ通信ネットワーク」の項目も消えてしまいました。

一応その状態でもパケット通信はできていたのですが、ちょいと不気味だったので、改めてCFWをインストールして、本日に至っています。

はやくMyWiがiOS4に対応してくれればいいんですが、当分は怖くてこのトグルに触れません。

SBさん、iPhoneのテザリング解放してくれないのなら、docomoにもiPhone売らせて下さいよ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS4のフォルダ機能は便利なんだけど、分類の仕方に悩むというかセンスがないと困る。(iPhone3GS)

iPhone3GSにもiOS4を入れたところで、これまた楽しみにしていた(そのわりに3Gではあまりいじっていない)フォルダ機能を試してみました。

フォルダに分類したいアイコンを長押しすると、アイコンの移動モードになるので、そのまま同じフォルダに入れたいアイコンの上に重ねます。

Img_0002

すると、画面が徐々に変化をして

003n

自動的に、Appleがフォルダ名を提案してきます。

Img_0004

こういう時のAppleのセンスはなかなか微妙だな、と思いつつ、この名前は自分で変えることができるので、適当に変更します。

レイによって、右端の×マークで欄の中をクリアできます。

Img_0005

ところで、これを繰り返して似たようなジャンルのAppをフォルダ化していくと、フォルダの名前をなんとつけたらよいのか、悩むことになりました。

iTunesのAppStore上での分類に沿うという手もありそうですが、あれも時々「?」が付くことがありますし、「仕事効率化」とかって名称は、ちょっと気恥ずかしくて使いたくありません。

さらに、一つのフォルダに12個までしかAppを納められないので、ツール系のAppが多いからと言って、2つめのフォルダを「Tool-2」なんて名称にしてしまうと、目的のAppを探すのに苦労しそうです。

もちろんSpotlight検索を使うという方法もありますが、そもそもAppを名前ではなくアイコンの図柄と機能の組み合わせとして覚えている私には、使えない方法です。

そしてそして、フォルダ化していくと、フォルダに入っていないアイコンが並んでいることに違和感を感じるようになります。

Img_00001

だからといって、全てのAppをフォルダに入れてしまったりすると、急いでAppを探すときに、見分けが付かなくなったりします。

Img_0001

フォルダの中に納めてあるAppのアイコンが9つ見えるというのはちょっと便利ではありますが、「表示されない残り3つのAppの立場はどうなる!」とか憤りながら、どうせならフォルダごとにアイコンをつけることができたら、もっと便利なのにな、と思います。

いずれにせよ、美的センスとかネーミングセンスの全くない私は、このフォルダをどう整理していくかで、しばらくの間頭を悩ませることになりそうです。

追記:

→ 解決策として、こんな方法を見つけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

iPhone3Gでは体験できなかったiOS4のマルチタスクっぽい画面を3GSで満喫。

とりあえず、iPhone4を買う予定がなかったのと、iOS4の発表直後に詳細情報をじっくり眺めている時間もなかったので、ホームボタンをダブルクリック、なんてつい最近知ったような有様。

で、早速試してみました。

Img_0001_2


Homeボタンをダブルクリックすると、画面の下の方からAppのアイコンが ズルリっ と持ち上がってきます。 

詳しい動作の原則はよく分かりませんが、メモリが許す限りこの画面から右に向かってAppのアイコンが並ぶようです。(フリックで移動可能)

そして、この画面を右にフリック(左に移動)すると、見たかったあの画面!

Img_0002_2

「いい歳して何を聴いているんだ!」とかいう突っ込みは却下です

画面の回転を抑制するボタンも左端にあります。
でも、この画面を出す手間(ダブルクリック→フリック)を考えると、JBしてSBSettingsにトグルを入れた方がずっと簡単なんですよねぇ。 

これは3Gで既に見ていた画面ですが、私が個人的に気に入っているのは、ホーム画面に登録したフォルダを開くときに、壁紙が上下に割れるという演出。

フォルダを閉じるときには、下の境界線に上の凹んだ部分に合うような凸が出現して、ぴったりとかみ合うようなアニメーションになります。 これもまた結構気に入ってます。

Img_0005

画像によっては、ちょっとシャレにならない絵ができあがってしまう恐れもありますが、まぁ人物とか動物を壁紙にしなければ大丈夫でしょう。

3GSだと動きがちょっと遅い、と書いてある記事も見かけますが、私が今日1日使っていた分には、特に「重い」と感じることはありませんでした。 これには多分、先に書いたアニメーションのような演出も一役買っているのかもしれませんね。

3GSの割賦残があってiPhone4を買おうか買うまいかと悩んでいらっしゃるのであれば、まずはiOS4をしばらく3GSで使ってみて、それから決めても遅くはないんじゃないかな、というのが本日の感想でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS4が待ちきれなくて、ついつい入れてしまいました。 (iPhone3GS)

先週、手元で休眠状態だったiPhone3GにiOS4のGM( GoldenMaster )版を入れたのですが、やはり3Gには荷が重い感じがすることと、3Gでは封印されている機能を色々試してみたいと思って、ついに3GSにも入れてしまいました。

この画像を見て、色々突っ込みたいこともあるかと思いますが、とりあえずHOME画面。

Img_0003

「あんな事」や「こんな事」をしているので、表示が色々とアレです。

Img_0002

一応、私的必須条件である、docomo回線でも使用できることを確認しました。
ちなみに、ベースバンドは維持したままです。

Img_0001

まだ対応するアレなツールも少なく、先行きのまだ不安な状態でこのような愚挙をすると、色々とご批判も多いようですが.....

かつての国民的アイドル「ピンクレディー」が、「ピンク・タイフーン (In The Navy)」という曲の中で「やりたくなったら やっちゃいな」と歌っていたことを、いまだに愚直に守っている私としましては、やらざるを得なかったです、はい。

先の記事では載せなかった、3Gで封印されている部分については、次のポストで取り上げようと思っています。

え、iPhone4ですか? 予約してません、はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

iPad の Wifi版を買った私が、数日東京で持ち歩いた経験から再び考える。 本当に3G版を買わなくてよかったのか。 

先日の金曜日、AppleStore銀座に開店前から並んで手に入れた iPad Wifi版。

実は、並んでいる時点で「Wifiをご希望ですか? 3Gですか?」と聞かれ、最初は「あ、3Gで」と答えたものの、次に再び聞かれた際にWifiに希望変更をしたわけですが、お店に入ってから「あ、やっぱり3Gにすればよかったかも」とちょっと後悔したりもしました。

しかしながら、金曜の昼から月曜の朝まで、比較的公共の無線LANを見つけやすいと思われる東京都内で使用した結果、「私にはWifi版で十分!」 という結論に至りました。
(※ 私は東北在住)

理由その1:
 そのサイズと重さから、iPadを歩きながら使う気になれない。
   → 歩きながら使うならやっぱり iPhone
   → iPhoneがあるからGPS機能もなくていい
   → Wifi版で問題なし

Map

何しろ、こんなにサイズが違う

理由その2:
 iPadには電話機能がない。
   → Skypeはあるが、発信者番号等の関係から、着信拒否されてしまう
   → 結局iPhoneかN-04Bを持ち歩くことになる。
   → そしてN-04Bならアクセスポイントモードが使える
   → 我が家のJBしたiPhoneでも同じ事ができる
   → Wifi版で問題なし

Img_0007

SkypeはiPadに正式対応してないから、ちょっと寂しい

理由その3:
   → 3Gを買ってプリペイド契約にすればいいのでは?
   → プリペイド枠はすぐに使い切ってしまいそうだ
   → しかもプリペイドには有効期限がある
   → さらに田舎ではSB網が壊滅状態
   → 結局メインがWifi運用になる

20100615_121022

白いところには人が住んでないとでも思ってます、孫さん?

以上の勝手な理論武装の結果、Wifi版で全く問題はない、という結論に至りました。
全く持って個人的な見解です。


ところで、私が住んでいるのは東北の片田舎。
公共の無線LANなんて、車で数十分走ったところにあるマクドナルドに行かないとありません。

FONに登録していたこともありましたが、田舎ではFONを設置している人も少ない上に、田舎ではそれぞれの家の敷地が広かったりするので、FONの電波が敷地外では捕まえられないことも珍しくありません。  まさか電波を借りるためによそ様の敷地内に侵入するわけにも行きませんし、敷地のすぐ隣りに車を止めて中でゴソゴソやってたら通報されかねません。

なので、自宅or仕事場以外でのWifi運用には、N-04Bのアクセスポイントモード or iPhone3GSでのテザリングに頼ることになるわけですが、この用途だとdocomoへ支払うパケット代は10,395円/月になります(基本料金等を除いて)。

一方、通常のdocomoのケータイでフルブラウザなどを使った場合、パケット代は5,985円/月で、その差は4,410円円になります。

4,410円」という数字、見覚えがありませんか?  実はiPad データ定額プランの割引前の料金と同じで、さらに1GBのプリペイドプランとも同じ料金です。

実際にはデータ定額プランは24ヶ月の間2,910円に割引されることになりますが、そもそも iPadのWifi版と3G版の間には最大で13,000円の値段差(Wifiモデルとプリペイドモデル)があります。

私的には、docomoの契約一つで、iモード(メール含む)、オサイフケータイといった日本特有のサービスを充分に使いつつ、iPadの広い画面を使ってネットや各種のコンテンツを楽しめる、ということで、Wifi版 の iPad、十分満足しています。


まぁ、自分が既にiPhone3GS と N-04Bを所有していると言うことで、それらの端末価格とかを棚上げしちゃってますけどね。

そんなわけで、Jailbreakせずにdocomo回線でiPadを使える N-04B、おすすめです。 NECさん、私に何か下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad は 車の中がよく似合う。 私の場合はN-04BかiPhone3GSと組みあわせるのが前提なのだけど。

車の中で使うには、iPadはちょうどいいサイズです。

以前はMacBookを膝の上で開いていたのですが、15インチのMacBook Proに変えたことで、ハンドルと身体の間において開くことができなくなってしまいました。

ちょっと調べ物をする時には助手席で開くか、iPhoneで確認をしていたのですが、これからはiPadが活躍しそうな感じ。


Hizas


そして、iPhone3GSを買った頃から使っていて、iPad対応になって気に入ったのが、このApp。

Img_0001

「LogMeIn Ignition」
自宅で動いているMacやPCを手元から操作することができちゃいます。
自宅でimotenを動かしているMac miniを操作している画面が下の図です。

Img_0003

自宅では1920×1080で稼働中なので、iPadの1024×768でそのまま閲覧するのはちょっと見にくいですが、iPadにはピンチイン・ピンチアウト機能があるので、拡大して操作することが可能です。 これは便利!

私のiPadはWifiモデルなので、無線LANがないところでこのAppを使うには、N-04Bのアクセスポイントモードか、iPhone3GSのMyWi(要JB)に頼らざるを得ないのですが、現状どちらもdocomoのSIMで稼働中なので、反応速度的にも十分です。

さすがに自宅のMacで動画を再生させてそれをiPadから閲覧、というような用途には向きませんが、自宅のMacにローカル保存してあるファイルを、メーラーを操作してクライアントに送信、なんてことも可能なわけです。 

iPad、ますます手放せない感じです。

追記:

記事中にdocomoのSIMでiPhone3GSを使って、iPadでそれを利用している記述がありますが、すべての3GSで可能なわけではありません。

また、可能なモデルであっても、設定の間違いなどにより高額な請求が発生するリスクもありますので、ご注意下さい。

さらに追記: 

昨日 3,000アクセスover/day を記録しました。 つい数日前に50,000アクセスを達成して喜んでいたところなのですが、近日中に60,000アクセスに届きそうな勢いで、自分でも驚いています。

ご訪問下さいましたみなさま、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

今日はiPhoneで撮影をした画像をiPadで書いた記事に組み込んでブログをアップしようと思ったのだが....

iPadではココログエディタが動かないという話を昨日書きましたが、ならば直接iPadのwebブラウザ(safari)で書き込めばいいじゃん! と気がつきました。

そこで、昨日とは逆に、まずiPhoneで撮影をしてから、画像をiPadに送ろうとしましたが、なんとiPadのサファリからは、画像ファイル選択のダイアログが出せないのです。

File

「ファイルを選択」がグレーアウトしてます。

考えてみれば当たり前のことなのですが、思わず悩んでしまいました。

とりあえず一旦メールに本文を書いて画像を添付してココログに送付することで、未完成ながらも記事のアップはできるので、それをsafariから修正する事にしました。

ただ、iPadのsafariからでは、文字に色をつけるなどの作業が出来ないので、やはり最後はMacBook Proから修正をしたいですね。
(それほど緊急かつ重要な内容は書いてないのですけどね)

ちなみに、本日もN-04Bをアクセスポイントとして使用中です。 バッテリーが尽きるまでには、新幹線の駅近くに止めた車に戻れるでしょう、きっと。


659FC3BA-99FC-4291-A977-FB3F478AABF3

iPadのサイズは、新幹線のテーブルにもぴったり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

iPadにBluetoothキーボードをつないでみた。 iOS4になったらiPhone3GSでも使えるんだって。

「使える」と聞いたら、買わずにはいられない、この困った性格。

iPadで長文を入力する機会はまず無いだろうと思いながらも、iOS4でBluetoothのHIDプロファイルが解放されるらしいし、MacBookProにもつなげられるから無駄にはならないさ、と買ってしまったのが、Apple Wireless KeyBoard(US)。

iPadとペアリングして、「メモ」を起動して入力のテストをしてみました。

Img_0044

さすがにソフトウェアキーボードよりは素早く入力できるものの、ATOKでの入力に慣れている身としては、F6〜F10を使っての変換ができないのがもどかしい感じ。

候補の選択やカーソルの移動はキーボードからできるものの、文節の区切りを代えたりするためにはどうしても画面にタッチする必要があって、やっぱり慣れは必要だな、という感じです。

もっとも、過去のワープロ専用機の黎明期(文節変換が役に立たなかった頃)を知っている世代の人であれば、当時の変換よりはずっと賢くなっているので、案外早く慣れることができるのかもしれません。


さて、JBしたiPhoneでは、ちょっと前からBluetoothのキーボードが使えたようですが、iOS4では正式にサポートされるのだとか。 

手元のiPhone3Gに入れたiOS4GMで試してみましたが、残念ながら発見すらしてくれませんでした。 3Gは非対応であると「ソフトウェアアップデートのページに書いてある」という記事も見かけましたが、私は発見できませんでした。 
3GSでは使えるらしいので、ちょっと楽しみです。


ちなみに、Bluetoothのキーボードが認識されているときは、ソフトウェアキーボードは表示されません。 
なので、部屋の中にあるBluetoothキーボードの電源を切り忘れていたりすると、ソフトウェアキーボードが出なくて焦ったりするので、ご注意下さい(経験談です)

追記: 

今、試しにやってみたら、Apple純正Bluetoothキーボード上にある、輝度ボタン、音量ボタンなどでちゃんと iPadをコントロールできました。 動画を見たりしているときに、便利ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iPadで打って、iPhoneで加工して。


AF511A89-588F-41CB-8BA8-1CF900517E87

ココログ用のAppは、残念なことにiPadでは動きませんでした。

せっかく、打ちやすいキーボードがあっても、これでは外から更新が出来ないじゃないかっ!

とか、思ったのですが、考えてみればiPadにはカメラもないので、

「ここはiPhoneと連携だっ!」

とかいいつつ、iPadのEvernoteでテキストを打ってiPhoneと同期。

iPhoneで寫眞撮影してテキストをコピペして、ココログAppでUP!

かくしてこの記事をポストしているのですが、そうまでして書かなくてはならない内容ではないのが残念です。

そして、驚く事にiPadの日本語辞書にはiPadが登録されていなかった! なぜ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N-04BとiPadを持ち歩いて思ったこと。 あ、iPhone3GSも持ち歩いてましたけど。

ソフトバンクに新たに1回線の契約をするのがいやで、iPadの Wifi版を買ったわけですが、いくら東京都内といえども、そうそう都合よく公共の無線LANが捕まるものではありません。

しかしながら、ネットのできないiPadは明らかに魅力8割ダウンなわけで、N-04Bのアクセスポイントモード(以下「APモード」)をフル活用して、docomo網の恩恵に授かろうとしたのが昨日のこと。

ユニクロで買った小さめのショルダーバッグがiPadを納めるのにちょうどいいサイズだったので、ここにiPadを納めて歩いていたのですが、さすがに歩きながらiPadを使おうという気にはなれませんでした。

iPadを人前で出すのが恥ずかしいとかいう以前に、落としたらどうしようという恐怖と、680gという、決して軽くはないものを左手(別に右手でもいいのですが)だけで保持して残った片手でタップするというのは、2〜3分の間ならともかく、あまりやりたくはないです。

Img_0041

純正ケースは滑り止めとしても有効 それでもiPadは結構重い

※今、あらためて使用を確認したら、3Gモデルは50gも重いんですね。 50gっていったら、Sサイズの卵1つ分ぐらいありませんか??

そんなわけで、徒歩の間はiPhone3GSで地図を見たり、twitterのタイムラインを眺めたりしつつ、飲食店に入った時など、手以外にテーブルの端や膝などでiPadを支えられそうな時にはiPadを取り出して、大きな画面でネットを見たりしていましたが、試しに地下鉄の中でiPadを取り出して、立ったまま本を読んでみることにしました。

バランス感覚と運動神経の悪い私(うるさい、ほっとけ!)は、そもそも手すりなどに身体を預けていないとヨロヨロしてしまうので、片手でiPadを保持して、もう片手でページをめくるという作業が案外大変でした。

Appによっては保持した手で画面の隅の方をタップすればページがめくれるような設定ができるようですが、それでもやっぱり握力が重さに負けそう....

しかも画面が大きくて視野角が広いから、背後からのぞき込まれている気がして、落ち着きません。

やっぱりiPadという製品は、落ち着いて座れる場所で使うものなんだな、と痛感しました。

そういえば、iPadのケースで、手首に引っかけるようなストラップ付きのものがありましたね。 でも、680〜730gもの物体が重力加速度を伴って落下しようという勢いを、手首だけで支えようとしたら、手首とか痛めないですかね?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年6月12日 (土)

N-04Bをアクセスポイントモードにしたまま、iPhone3GSとiPadを持って秋葉原をうろうろしてみた。

今日は土曜だから、私の携帯に電話を掛けてくる人はきっといないはず。

そんな理由だけでもないのですが、N-04Bのアクセスポイントモード(以下「APモード」)はどのぐらいバッテリーを消費するのか、試してきました。

ずっとノートPCからpingを送り続ける、なんていう耐久テスト的なものではなく、私が秋葉原の街中をうろうろしながら、時々twitterでつぶやきつつ、時々ネットを見て、時々メールをチェックする、という「結構ネット依存症気味の人間」的使い方でのテストです。

私のtwitterの記録によれば、N-04BをAPモードにしたのが10時19分。

その直前まで外部バッテリーで駆動していて、バッテリー残量は100%からのスタートです。

秋葉原ではすっかり有名なスポットとなった「リナックスカフェ」で、iPhoneとiPadをつないで、ネットを見たり、Appストアを眺めたりしつつ、45分ほど滞在。 この間はほとんどネットに繋ぎっぱなし。

その後、iPhoneを片手に街中をうろうろ。

N-04Bには「接続待ち時間設定」というものがあって、Wifiが繋がっていない時間が一定時間経過すると、自動的にAPモードを解除する機能がありますが、私はこれを5分に設定。

つまり、iPhoneやiPadの両方がスリープ状態になって、Wifiが休止している時間が5分続けば「終了〜」となるわけです。


5

しかしながら、結構頻繁にiPhoneに手を伸ばすし、カバンの中のiPadも寝たふりをしながらWifi経由でメールの着信をチェックしていたりするので、APモードが終了したのはテスト開始から90分の間にわずかに1回だけ。

100分使ったところでAPモードを解除してバッテリーの残量を確認したところ(APモードのままでは正確な残量がわからない)、残り53%とのこと。

このまま同じペースで使い続ければ、あと100分ほど、合計200分でバッテリー切れになる計算です。

ということは、約3時間20分がN-04BをAPモードのまま持ち歩ける活動限界と言えそうです。

そのままバッテリーの試験を続けようかと思ったのですが、諸般の事情から その後80分ほど iPhoneとiPadを公共の無線LANに接続してAPモード休止。 その後再び15分ほどAPモード状態で動かした結果が、下の画像。

33

約200分のテスト中、115分ほどをAPモードにしてこの結果。

ちなみにN-04Bのバッテリー容量は780mAh。 
手元にはdocomoのFOMA用外部バッテリー(1800mAhなので内蔵バッテリー 2個分以上!)もあるので、併せて使えば200分×3=600分!  10時間以上APモードにしたまま持ち歩くことができそうです。

実は、b-mobileのSIMフリーなポケットwifiルータにちょっと興味が出ていたところなのですが、外部バッテリーさえあれば、N-04Bがその代わりを十分果たしてくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ところで、iPadを買った喜びで、 iPhone3Gに iOS4GMを入れたことをすっかり忘れていた。

昨日iPadを買って、そちらにすっかり夢中になってしまったので記事にするのが遅くなってしまいました。

一昨日の夜、現在休眠状態になっている iPhone3Gに、iOS4のGM( GoldenMaster )版をインストールしてみました。

iOS4GMのインストールには「iTunes9.2β」が必要になりますが、メインで使っているMacBookProのiTunesをアップデートしてしまうのはちょっとリスクが高いと判断したので、自宅でimotenを動かしている Mac miniにインストールをしました。

iTunesの表記が全部英語なので、一瞬戸惑いましたが、なんとか無事にiOS4GMを3Gに放り込むことに成功。

Img_0006

ご覧の通り、バージョン・モデムファームウェアともに上がってます。
とりあえず3Gにおいての3.1.3との違いをスクリーンショット。

個人的に一番ありがたい機能はこれ。

Img_0009

複数のアカウントのメール受信を「全"受信"」というところで一目で確認できるので、複数のアカウントを行ったり来たりする必要がなくなります。

それにメールに関しては「設定」の中にこんな設定が。

Img_0003

私のように、メルマガが届くだけっていう寂しい人間にはあまり関係ないのかもしれませんが、メールのやりとりが多い方にはありがたい機能ですね。

他にも「設定」項目の中に見慣れない項目が。

Img_0001

私は絵文字を使わないので、これも必要のない機能ですが、最近増えているという女性iPhoneユーザーにはありがたい機能でしょうね。

Img_0002

ユーザ辞書を編集できる機能が追加されたことは、ユーザにとって iPhone登場以来の悲願といっても良いでしょう。 これで住所録に無用なエントリーを作らずに済みそうです。

Img_0004

iPod機能の項目にはこんな機能が。
これまではpodcastの情報って見られなかったんですよね。 iPodnano とかでは普通に見ることができたのに、iPhoneで見ることができないのは何故だろうと思っていましたが、これで解決しそうです。

Img_0005

こんな項目もありました。 パケット通信のこと、でしょうか。

これまで、位置情報を使うAppの初回起動時に確認されていた位置情報の利用については、設定の中で各々変更することができるようになりました。
これはありがたいですね。


Img_0007

さて、ホーム画面。



Img_0008

複数のAppを一つのフォルダに入れることができます。 よく使うAppのうち、どれを一面目に持ってくるかで悩んでいる人には朗報ですね。

ちなみに、一つのフォルダには12個までのAppを入れることができるようです。

Img_0010

(同じジャンルのものを12個もiTunesに入れてなかったので、適当に詰めてます。)

iOS4での変更点についてざっくりと列記しただけになってしまいました。 現在のところiPadを弄るのが楽しくて仕方ないという状況なので、そちらが落ち着いたらまたゴニョゴニョとかしてみようと思います。

今月末発売というiPhone4のハードにはあまり魅力を感じていないのですが、このiOS4にはすごく期待しています。

iPhone3GSで、iOSの機能をどの程度まで使えるのか、まだよく分かりませんが、とりあえずアンロックさえできれば!!!! と 各国の腕利きの方々に期待を寄せているのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月11日 (金)

そんなわけで、さっそく iPad Wifi 32GBをいじったり脱獄したりしてる。

てなわけで、全く衝動的に買ってきたiPadなのですが、とりあえずAppleStoreで必要と思われるものをいくつか買ってきました。

まずは定番の純正ケース。
賛否両論あるようですが、とりあえず横向きにして机の上で使うには便利なのかも。

Img_0026

そして、純正Dockの評判が悪いようなので、買ってきたのがこのスタンド。

Img_0027

平らに折りたためるので、持ち運びも便利そうです。 立てた姿はこちら。

Img_0028

結構安定してます。 純正ケースをつけたままでも収まりがいい感じです。

Img_0029

こんな感じ。
もちろん、ケーブルを挿したまま、立てかけることができます。

そして、こんなものも買ってしまいました。
WirelessのUSキーボード。


Img_0031

Bluetoothですんなりつながります。 小さくて持ち運びも便利なので、いつか....きっと役に立つはず......


Img_0033

そして、評判の良いAir Displayも 入れてみました。 これは結構便利そう。
反応速度はかなり「鈍」ですが、twitterクライアントを起ち上げておいたり、用途は色々ありそうです。

で、さっそくSpiritで脱獄をして、SBSettings、FullForce、iFile を入れて、 AppストアからISSHも購入。 mobileとrootのパスワードを変更しておきました。

そんなわけで、今夜は弄るべき玩具が増えてしまいましたので、ひょっとすると3Gの iOS4GMの記事はアップが遅れるかもしれません。  iPadに免じて ご容赦下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局、iPhone3GSでテザればいいということで、 iPad の Wifi版を買ってみた。

本日の時点で、オンラインストアでは「出荷予定:         7-10 営業日                     」とされている、今や子どもでも知っている iPad。

予約開始当日にAppleStore銀座にいたくせに、
そして 「もう少し様子見だ!」 とか言って列に並ばなかったくせに、

結局本日 店頭在庫をあてにしてAppleStore銀座に行ってきました。

開店直前に並んでいたのは、事前に予約をしていた人、予約してない人など、全てあわせて30人ちょっとだったかな。

私は予約していない人の列に分けられ、まずは予約受け取りの人たちから入店。
予約してない人たちは Wifi と 3Gとどちらを希望するのか聞かれて、3Gの人が先に入店。

オレの分まで残ってるかなぁ、と少しドキドキしたものの、無事にWifi版の32GBモデルを入手できました。

Ipad


品薄らしい純正カバーも少量ながら入荷があったようで、これも購入。

ワイヤレスキーボードはどうしようかと数秒悩んだのですが、とりあえず今回は見送りました。 少し色々使ってみて、必要性を感じたら買うことにします。

13時から AppleStore銀座 3Fのシアターで  「iPadツアー」というワークショップがあるようなので、これも見て行こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

N-04Bに着信したdocomo網の電話をSB SIMのiPhoneに転送しようと思ったが

前の記事で、

「アクセスポイントモード中のN-04Bにかかってくる電話は転送すればいい」

みたいなことを書いてますが、大事な事を忘れてました。

「大事」というより、私がdocomo網でiPhoneを使っている最大の要因です。

私の生活圏ではSB網が穴だらけだから、滅多にかかってこない電話はすべて留守電に回されちゃうし、SBなiPhoneから電話を掛けようと思っても無理っ!

電話を掛けようと思ったら、一旦N-04Bのアクセスポイントモードを終了して(このときの動作が結構もっさりしていて気になる)、通話終了後に再びアクセスポイントモードを開始しなくてはならないってのは、やはりちょっと面倒です。

発信だけならiPhoneのSkypeからWifi経由で通話するということもできますが、Appの起動に時間がかかるし、Skypeからの通話が非通知扱いになってしまう状況では、着信拒否の人も少なくないので、私のプライベート&仕事の場合、あまり実用的ではないようです。
(あれ? 発信者番号通知って、今は安定して使えてるのかな?)

Img_0022

SIMロックをかけてiPhone&iPadユーザを囲みこみたい気持ちは分かりますが、その前に「全市町村の市役所・役場はカバーしてます」とかのレベルでなく、人口1万人以下の町村においても県道・町道・村道沿いをもれなくカバーするぐらいのレベルになって欲しいです。

それができないのなら、iPhone4からはSIMロック解除して下さいな。 > 孫さん


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はN-04Bを使わずに、iPhone3GSをdocomoで運用中

N-04Bをアクセスポイントモードにして、MacBookProやSIMを抜いたiPhone、touch をそれに繋ぐという運用をしばらくしていましたが、本日は久々にdocomoのSIMを3GSに挿して、USBテザを使ってます。

テザリング中の状態でも、iPodアプリを起ち上げてBluetooth経由でPodcastを聴けるし、テザリングしながらでも同期できるし、何よりもこれ1台を持ち歩けばいい、というのがとっても楽!

Img_0020


N-04Bに機種変してからオサイフケータイも何度か使ったけど、日々suicaで電車に乗るわけではないし、2台持ち歩く手間(つまり2台の充電状態を気にするということ)を考えると、やっぱりオサイフケータイ機能は、私的には優先順位はかなり低いらしいです。

もし、N-04Bがアクセスポイントモードのまま内蔵バッテリーで12時間稼働できるのであれば、滅多にかかってこない電話は全てSBに転送することにして、iPhoneにSBのSIMを入れた上でAPN Disablerを適用、という手もあるんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

iOS4 GMを入れてしまいたいっ! しかし N-04B経由に絞っても我慢できるのかっ!

iPhone4が発表になり、新しいiPhone用OS、iOS4のGoldenMasterも配布が始まりました。

一応開発者登録もしているので、GM版はダウンロードしてあるのですが、現状でこれを入れてしまうと、docomoのSIMを入れてのテザリングとかがムニャムニャ......

すでに1週間以上、N-04B→Wifi 経由での運用をしていて、iPhoneでのテザリングに、以前ほど必要性は感じてないのも確かなのですが.....


これで手元にWifi版のiPadでもあれば、また色々と違うことを考えるのでしょうね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

iPhone3GS修理完了! そしてN-04Bが壊れたのかと驚いた。

液晶が破損して修理に出していた3GSが、WWDCでiPhone4が発表された今朝、戻ってきました。 なんとすばらしいタイミングでしょう。

Nec_0001



今まで肌身離さず持ち歩いていた3GSを旅に出したのが土曜の朝。 わずか3泊4日の離別だったのですが、「あるはずのものがない」という寂しさのせいか、まさに「一日千秋」の思いでした。


Nec_0004

当たり前だけど、dock下部の文字がくっきりはっきり見えます。 嬉しい嬉しい!!

先述のように、iPhone4が発表になったわけですが、今のところこの3GSに大きな不満もないし、細かな不満は同じくWWDCで発表されたiOS4で解消されそうなので、当分はこの3GSを愛用していく予定です。 (バッテリー内蔵型ケースも買ってしまったし)




さて、今朝はN-04BのアクセスポイントモードをつかってMacBookProを使っていたのですが、twitterのタイムラインにmoperaの調子が悪いのかも、という書き込みが....。

私のところでは全く問題なく使えていたので「うちは大丈夫だよぉ」なんて書いていたのですが、一度接続を切ったら、その後全く繋がらなくなってしまいました。

これはmoperaの不調のせいなのか? と思いつつも、ひょっとしたら「N-04Bを(懲りもせず)アスファルトに落下させて不調に陥ったか!」とも考えて、一応電源を入れ直したり、Wifiの設定をやり直してみたり。

約50分、努力を続けた結果、突然moperaに繋がったのですが、その途端 twitterのTLに「なおった!」「つながった!」の文字がずらずらと。
あぁ、やっぱりmoperaのせいだったんですね。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

今日はN-04BとiPod touchでおでかけ。 iPhone3GSはまだ修理中らしい。

やっぱり出かけた先でメールチェックをしたいし、Evernoteも使いたい、ということで、本日はiPod nanoに代えて 初代touchを連れ出しました。 

Nec_0001_2


N-04Bをアクセスポイントモード(以下「APモード」)にしてからポケットの中にしまい、touchをスリープ状態から復帰させると、数秒遅れてWifiに接続します。

このとき、ちょいと慌てるとtwitterクライアントもメールもエラーメッセージを吐くので、心にゆとりが必要ですね。

メールをチェックしたり、TwitterのDMに返事を書いたりして、ひととおりtouchでの作業が終わったら、そのままtouchをスリープ状態へ。 

N-04Bの方は特別に終了操作しなくても、touchからのWifi接続が解除されれば、設定した時間が経過した後にAPモードから自動的に普通の待ち受け状態に復帰してくれます。 これが結構便利!

初代touchなので、3GSと比較すると、文字入力などを含めて全体的にもっさりとはしていますが、それでも携帯からメールチェックをしたり携帯で文字入力をするよりは数倍快適です。

APモード起動の手間も、以前よりずっと気にならなくなってきましたし、これは iPadのWifi版を買うための「私の準備」ができたと言っても過言ではないのかもしれません。



さて、修理に出した3GSですが、これまでの顛末を。

土曜の朝9時にヤマト運輸に引き取りに来てもらったのですが、それが県内の配送センターを出たのがなんと夜の9時(遅いっ!!)

関東ではないので、もちろん即日配達は期待していませんでしたが、翌日の午前中ぐらいには神奈川まで行くだろうと思っていたら、配達完了メールが届いたのが日曜の16時過ぎ。

見積もりをいただいた時点では、「iPhoneを受け取りましたら即日修理・返送可能」とありましたので、月曜の夕方までにはiPhoneが帰ってくるものと期待していましたが、お店が直接来店されるお客様で混雑していたためか、3GSが到着した時点で届くはずのメールが届きませんでした。

到着メールは来なくても、日曜の夜のうちには、「見積もりの通りの金額で修理完了して、返送しました」という連絡が来るのかな、と期待していましたが、空振り。

さらに明けて月曜日の本日、昼頃まで待ちましたが、3GS到着のメールが来なかったので、
「まさか配送トラブルで、別の場所に届いてしまったのでは!!」 と不安になって、twitterのDMで確認したところ、「これより作業に入らせて頂きます」とのこと。(12:26)

完了次第改めて報告を下さることになっているのですが、それからすでに5時間。
うちの3GS、私が思っていた以上に重傷なのかしら。 それとも直接来店する人が多すぎて、私の3GSにまで手が回らないのでしょうか。

早く帰ってきて欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年6月 5日 (土)

N-04B ここがいまいち。 そして、iPhone3GSは修理の旅へ

N-04Bのアクセスポイントモード(以下「APモード」)のキーワードでここにおいで下さる方が多いようですので、APモードについて追記しておきます。

APモード時は、音声の着信はできますが、有線接続のハンズフリーでの着信は(少なくとも私のカーナビでは)不可能でした。
さらに、APモードとBluetoothが排他利用になるので、BTヘッドセットも使用不可です。

一般のイヤホンマイクでなら着信への応答が可能なのかもしれませんが、N-04Bで使えるイヤホンマイクは、最近流行の電源コネクタ共用タイプだとかで、我が家に使用可能なものがありません。
近日中に買って試してみようと思います。


あと、これはN-04Bに限ったことではないのですが

「docomo純正オプションを使えばUSB経由で充電とデータのやりとりができるのに、卓上ホルダには充電のための端子しか用意されていない」

というのが不満です。

昔の富士通の携帯で、なぜか iTunesと同期ができるモデルがありましたが、あれは卓上ホルダにUSBのB端子用の口がついていて、携帯と接触する端子も4つぐらいあったはず。

家に帰ってきて、卓上ホルダに携帯をセットすれば、充電をしつつ、パソコンからも認識される、ってのは、やはりスマートフォン以外では一般の人々から求められない機能なのでしょうかね。




話はiPhoneに移って

本日、iPhoneの修理・パーツ販売をしておられる、「iPhone-factory」様あてに、液晶が破損したiPhone3GSの修理を依頼して、本体を宅配便で送付しました。

このお店は、JBしてあるiPhoneでも問題なく修理を受け付けてくれるのが嬉しいです。

以前、直接お店に出向いて3GSのバッテリー交換をしていただいたのですが、わずか5,300円でバッテリーが蘇りました。
しかもAppleStoreやSB持ち込みと違い、本体丸ごと交換するわけではないので、貴重な旧ブートROMの本体を手放さずにすみました。

そんなわけで、手元にiPhone3GSがなくなってしまいましたので、今日は先日AppleStoreで買ってきたiPod nanoをドライブのお供にしてきました。

Nec_0002

iPhone用のホルダにかろうじて引っかかっている姿がいじらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もN-04B アクセスポイントモード経由で使用中(iPhone3GS)

ここ数日は、docomoのSIMをN-04Bに挿したまま、iPhoneをiPod touch状態にして持ち歩いておりますが、N-04Bのアクセスポイントモード(以下「APモード」)を起動して、iPhoneとの接続が確立するのを待つ10秒ほどの時間がじれったい以外は、さほど支障もないというのが現状です。

長い時間APモードを続けていると、N-04Bのバッテリーはかなり激しく消耗します。

まぁ、先日docomoショップからいただいてきた補助バッテリーもありますし、デスクワーク中は随時給電できるので、今のところ困ったことはありません。

充電状態のままAPモードを使い続けるのは、バッテリーのためには良くないことのようですが、バッテリーの値段も昔よりはだいぶ安くなりましたし、APモードの便利さを考えると数ヶ月単位でバッテリーを交換してもいいとさえ思っています。

Battery

APモード中であっても、電話は着信するし、i-modeメールは自宅のMac上で走っているimotenが律儀にiPhoneに転送してくれるので、常時APモードにしたまま持ち歩いていても、バッテリーの消耗以外は、問題はないのかもしれません。

あれ? APモードのままオサイフケータイとして使えるのかな??(要検証)


さて、落下させてしまったiPhone3GSの液晶ですが、状態がいよいよひどくなってきました。 いよいよ Dock下部の文字が完全に見えなくなってしまい、このまま使っていると液晶以外の部位にも悪影響が出るのではないかという恐れもありまして、いよいよ修理をすることにしました。

詳しくはまた次の機会に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

充電端子はiPhoneを見習って欲しい

N-04Bの、困ってる点がここ。

充電に使う端子が左サイドにあるので、外部バッテリーなどを繋いでいるときに、とても持ちにくいんです。

211CD832-BE99-4832-B10E-0F01CFB6CD46


これだと、スーツの内ポケットに携帯をしまったまま充電するのが難しいし、カバンの中で充電する時も、何となく邪魔。

iPhoneみたいに、端末の下部に充電端子がある方がうれしいんだけどなぁ。

この端子、結構頻繁に使うから、カバーも邪魔なんだけど、取り去ってしまうことには抵抗が......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N-04B アクセスポイントモードの接続先についてdocomoに聞いてみた

N-04Bのアクセスポイントモード(以下APモード)の設定には、接続先設定という項目があります。

「mopera.ne.jp」に接続をする「 mopera 」
「mopera.net」に接続をする「 mopera U 」
そして128k制限の「 mopera U 128k 」

私が分からなかったのが、「mopera U (IP) 」という項目。

Mopera



「IP接続ってことなんだろうなぁ」、とは思いつつ、mopera-UのIDとパスワードを入力して接続を試しても「接続できませんでした」という無情なメッセージが出るのみ。

これは聞いてみるしかないと思って、最初に問い合わせたのが製造元のNEC。

ところが、「それはdocomoに聞いて下さい」とのことだったので、本日9:00の営業開始時刻を待ってdocomoに電話してみました。

結論:基本「 mopera U (IP)」は使わない。

だそうです。

「海外ではよく使われるのですが、日本ではPPP接続ですので」とのご説明。

ついでに、「 N-04BのAPモードで「mopera U」を使う際には ID・パスワードは入力不要ということでいいですよね?」 ということも念のため確認させていただきました。

このあたり、説明書にもっと詳しく書いておいてくれるといいんですけどね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

iPhoneの液晶割れ進行中 & N-04Bその後

iPhone3GSの液晶下部の方が、徐々に見えなくなってきました。 まるで使徒に侵入を許したかのように.....

Nec_0001

早く修理したいけど、なかなかタイミングが見いだせません。

さて、アクセスポイントモード(以下APモード)目当てで買ったN-04B。

すっごく便利です、コンビニでの「オサイフケータイ」が

いや、APモードは確かに便利なのですが、いちいちN-04Bをポケットから取り出してAPモードを起動させて、iPhoneでいろいろやってからまた携帯を触るというのがやはり億劫です。

iPhoneが(SIMさえ入れてあれば)シームレスにネットにつながっているのに比べて、N-04B単体ではいちいちネットへの接続・終了を確認されたり、ちょっとテンポを乱されるてるな、という感じがします。

塩漬け中のSB-SIMをiPhoneに戻して、APモードでの利用はSB圏外の時、ってことにすれば一気に面倒がなくなるんでしょうけどね。

さて、どうしようかなぁ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »