« Orbサーバが死んだ日 | トップページ | 3.1.3JB を docomoでテザリング可能に (iPhone3GS) »

2010年4月 9日 (金)

5ヶ月ぶりの再脱獄(iPhone3GS)

昨年11月8日にPwnageTool3.1.4で脱獄(当時の記事)して以来、5ヶ月の間大きなトラブルもなく動作していた私のiPhoneですが、Fake3.1.3を入れて以来、カメラロールの取り込みに失敗したり、HOMEボタンの挙動がおかしかったりと、微妙な不安定さを見せ始めていたので、思い切って再脱獄しました。

PwnageTool3.1.5 と 3.1.3 の純正ファームウェアを入手して、CFWを作成。

iTunesでCFWを選んで復元をしたら、一度エラーが出たものの、USBを抜き差ししたら無事に復元完了。


Blacksn0wのRC2も出ていると聞いていたので、これもインストール。
docomo運用がデフォルトの私には必須アイテムです。

Img_0001_2

無事に、ベースバンドを維持したまま、3.1.3でアンロック完了しました。

Img_0002

あちこちの記事に散見するように、リブート後に電波を掴むまでがだいぶ遅くなったようですが、通常の使用では、今のところ問題はないようです。

あとは、いつものようにdocomoのcarrier bundleを入れて、SBSettingsとかの定番を入れ直して、作業終了。

「さて、それではiTunesからAppとメディアファイルを書き戻そうか」と思ったら、iTunesにこんな表示。


Sim

ちゃんとSBのSIMでアクティベートしたのですが、再脱獄後、ずっとiTunesを起ち上げたまま何度もリブートしていたからでしょうか。 

SIMをSBに入れ替えてこの表示を消したあと、再びdocomoに入れ替えてみましたが、この表示は出ませんでした。

そんなわけで、現在のiPhoneはこんな感じ。

Img_0006

ちょっと遊んでみたくて、アイコンを(5×5)+5にしてみました。

これで、子守り用AppもHomeに並べることができました!

さて、OS4.0のJBが確立されるまで、これで頑張ることにしましょう!

|

« Orbサーバが死んだ日 | トップページ | 3.1.3JB を docomoでテザリング可能に (iPhone3GS) »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126687/48037470

この記事へのトラックバック一覧です: 5ヶ月ぶりの再脱獄(iPhone3GS):

« Orbサーバが死んだ日 | トップページ | 3.1.3JB を docomoでテザリング可能に (iPhone3GS) »