« 音楽も聴けるBluetoothヘッドセットを買ってみた (iPhone3GS) | トップページ | Orbサーバが死んだ日 »

2010年3月16日 (火)

FinalFantasyで英語の勉強ができる??? (iPhone3GS)

iPhoneがデフォルトで多言語に対応しているというのは、みなさんすでにご存じのことと思いますが、このブログを見に来て下さっている方の中で、実際に日本語以外の言語で使用されている方はどれぐらいいらっしゃるでしょう?

私は買った直後にちょいとだけ試しただけで、あとはずっと日本語環境で使っていたので、ちょっと英語環境で使ってみることにしました。

いつもはこんな感じのホーム画面が

Img_0796

こんな感じになります。

Img_0794

英語でのタイトルを準備しているAppだと、ちゃんと英語表記になるんですね。
ココログがちゃんと英語表記になったのには、ちょっと感動しました。

さて、この状況で設定画面【一般】を見てみると

Img_0795

あぁ、英語が苦手な私には、なんとなくしか理解できません。既にお手上げ状態です。 

そんな、私みたいな【英語苦手!】の方は、英語環境でFinalFantasyをプレイしてみてはいかがでしょうか。

FinalFantasyにはちゃんと英語モードが用意されているので、言語環境を変えるだけで、英語でプレイすることが出来ます。

英語環境で起動すると、見慣れたゲーム画面が、こんな感じになりました。

Img_0790_3



はいはい、私には何を言われているのか、ぼんやりとしか分かりませんw
では、道具を売っているお店に入ってみましょう。

Img_0788_3



ふむむ。 昔の記憶から、何となくどんな道具なのか、うすうす見当はつきますが、ちょっと不安です。

ステータス画面はこんな感じ。 さすがに日本語で付けたキャラクター名はそのまま表示されますね。 HP とか MP とかはそのままの表記なので、ここはあまり違和感がありません。

Img_0789_3


では、外に出て戦ってみましょう。
敵の名前が英語表記になるのはさほど問題がないのですが、困ったのがこの魔法。

日本語での魔法の名称と、英語での魔法の名称が違うものがあります。
NulShockってなんだっけ?? lightning damage を half だから、バサンダ??

Img_0792_2


確認してみましょう。日本語だとこうなります。  バサンダで正解!!

Img_0797_2


プロテスはProtect、 ケアルは Cure と表記されています。
このあたりは、オンラインゲームの FinalFantasy 11を外国の人とプレイした経験が少しあったので、覚えてました。

そして、戦闘に勝った画面。 経験値は30だったらしいです。

Img_0793_2


自分の好きなゲームをプレイしながら、少しでも英語に触れていれば、英語への苦手意識が少しは改善するのではないかなぁ、なんて思ったのですが、いかがでしょう?

一度日本語でクリアしてから再度英語でプレイして、人々の台詞の対訳を楽しむのもいいでしょうし、最初から辞書を片手に英語でプレイ、というのも、力がつくかもしれませんよ。

いちゃ

|

« 音楽も聴けるBluetoothヘッドセットを買ってみた (iPhone3GS) | トップページ | Orbサーバが死んだ日 »

iPhone」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126687/47824620

この記事へのトラックバック一覧です: FinalFantasyで英語の勉強ができる??? (iPhone3GS):

« 音楽も聴けるBluetoothヘッドセットを買ってみた (iPhone3GS) | トップページ | Orbサーバが死んだ日 »