« iPhoneのバージョンアップ通知を消してみた | トップページ | エヴァなiPhone用バッテリーケースを持って上京してみた。 »

2010年2月19日 (金)

Orb と LogMeIn を使って、iPhoneでタイムシフト再生をする

前の記事(iPhoneでアナログテレビを見たい!)で、家にOrbサーバーを建て、1200円もするOrbLiveを買ったのですが、アナログのTVチューナーとの相性が良くないのか、それともVistaのUltimateでWMCが入っているのがいけないのか、音声が不安定でした。

その後、オークションで別なチューナーも買ってみたのですが、これも上手く動作せず、無駄な投資だったかな、と諦めていたのですが、Orbの別な使い道を思いつきました。

音声の問題が起こるのは、あくまでもTVチューナー経由のLiveストリーム。
Windowsマシンの中にある動画ファイルの再生には全く影響がありません。

WindowsMediaCenterで録画中のものは、タイムシフト再生が可能なので、あらかじめ家で録画予約をしておく、あるいはLogMeInやVNCなどを使って外から録画を開始させれば、Orbでタイムシフト再生ができるわけです。


さっそくLogMeInで自宅のサーバに入ってみます。

Img_0692

この「LogMeIn Ignition for iPhone」は決して安価ではないですが、3G環境下であっても安定して動作します。 今回の録画操作のように、さほど細かな作業が必要でないものなら、全く問題なく実行できます。

つながったら、Windows Media Centerを起動します。


Img_0693

すでに始まってしまっているプログラムでも、即録画を開始すれば、番組終了の時刻まで自動で録画をしてくれます。(録画を始めると印がつきます)

Img_0694

 

録画を開始したら、OrbLiveを起動し、「Recorded TV」のところを見ると、ちゃんと今録画している番組が表示されます。


Img_0689_3

該当する番組名をタップすれば、今自宅で録画中の番組のタイムシフト再生が始まります。

 

Img_0691


やっぱり3G環境下では、動きの激しいスポーツなどでは画質は期待できませんね。

そもそも、自由にチャンネルを切り替えて視聴したりすることも出来ないので、本来のOrbのTV視聴機能とは全く別のものですが、どうしてもスポーツやドラマなどの途中経過・結果が気になるときなど、「見られないよりはずっといい」ぐらいの気持ちで使うのが正しいかな、なんて思いました。


「LogMeIn Ignition for iPhone」のAppは3,500円とかなり高価ですが、手元のPCやMacから自宅のマシンを操作するのであれば、無料の「LogMeIn Free」もありますので、一度試されてはいかがでしょうか。

あ、LogMeInを使わなくても、あらかじめ一日の中で見る可能性のある番組を予約しておいけば、番組開始時刻の直後からタイムシフト再生は可能です。

WindowsMediaCenterが入っていなくても、チューナー付属のTVソフトでタイムシフト再生対応のものであれば、この方法が使えるかもしれませんね。

前にも書きましたが、自宅のサーバを外から使うということで、それなりのリスクが発生することはお忘れ無く。 くれぐれも自己責任でお願いします。

|

« iPhoneのバージョンアップ通知を消してみた | トップページ | エヴァなiPhone用バッテリーケースを持って上京してみた。 »

iPhone」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126687/47607990

この記事へのトラックバック一覧です: Orb と LogMeIn を使って、iPhoneでタイムシフト再生をする:

« iPhoneのバージョンアップ通知を消してみた | トップページ | エヴァなiPhone用バッテリーケースを持って上京してみた。 »