« iモードのメールをiPhoneで読む(docomoなiPhoneの課題) | トップページ | iPhoneのバージョンアップ通知を消してみた »

2010年2月16日 (火)

エヴァなデザインの iPhone用バッテリー内蔵ケース を買ってみた。

今回購入したのは、「iPhone3G(S)専用筐体保護型蓄電器」 AP1500 REI」というモデルです。

NERVマークが大きく入っているブラックのモデルもあったのですが、使っているiPhoneがホワイトなのでこちらを選んでみました。

Img_0637_2


付属品はこんな感じです。

Img_0639_2

フィルムは上手に貼る自信がないので、貼らないかもしれません。

充電は下部のゴムキャップを開けたところにあるminiUSBから。 でもこのカバーがすぐにちぎれてしまいそうで不安。

Img_0645

充電中はブルーのLEDが点滅→点灯に変化します。

Img_0643

iPhoneに装着するとこんな感じです。 (3Gで撮影しているので、ちょっとピントが甘いです)

Img_0003

Img_0004

取説・保証書も、エヴァ的なデザインです。

Img_0642

Img_0640

Img_0641

「iPhone3G(S)への送電方法」なんて表記をしているあたりにも、こだわりを感じますが、少々やり過ぎって気もします。 

 

この商品、デザイン・付属品以外は Energizer  XPALPower のAP1500(1500mAh版)と同じですので、性能などはオリジナルの方で検索すると詳しい情報があるかもしれません。

このケースを使うことによって延長できる使用時間は、パッケージ裏面の記載によると、

  • 待受時間 → 最大291時間延長
  • 音楽再生 → 最大23時間延長
  • 通話時間 → 最大5時間延長

となっています。

Img_0638

なお、このバッテリーは、装着と同時にiPhoneに給電をし続けるタイプで、あらかじめ装着しておいて、iPhoneのバッテリーが心許なくなってからスイッチを入れて切り替える、というタイプのものではありません。

miniUSB経由でのデータ同期は出来るようですが、取説には断り書きとして 「iPhone3GとPCなどのデーター同期については、iPhone3G本体のみでお使い下さい(原文のまま)」と書かれています。 つまりこれを付けたまま同期してデータ破損などがあっても自己責任で、と言うことですね。

白と黒の2モデル、それぞれ3000台限定ということで、ついつい買ってしまったのですが、今年出る新型には使えないような予感がしてます。

使えるといいな......。

|

« iモードのメールをiPhoneで読む(docomoなiPhoneの課題) | トップページ | iPhoneのバージョンアップ通知を消してみた »

iPhone」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126687/47582355

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァなデザインの iPhone用バッテリー内蔵ケース を買ってみた。:

« iモードのメールをiPhoneで読む(docomoなiPhoneの課題) | トップページ | iPhoneのバージョンアップ通知を消してみた »