« Blackra1nとBlacksn0w | トップページ | iPhone3GS + docomo でのスピードテスト »

2009年11月 5日 (木)

iPhone3GS 3.1.2 JB + Unlock( PwnageTool3.1.4 & Blacksn0w )

前回、Pwnage Tool3.1.4を使って、ベースバンドを維持したまま3.1.2JBを行ったところ、発熱とバッテリーの異常消耗 というトラブルを引き起こしたため3.0JB状態に戻っていた3GSですが、昨日新しいベースバンドでのアンロックを可能にするBlacksn0wがリリースされたので、再度3.1.2JB状態にしてみました。

まず、iTunesを9.0.2にアップデート。 続いてダウンロードしてあった公式3.1.2ファームを使って復元(入獄)。 これでベースバンドが 05.11.07 になりました。(これでもう後戻りはできない状態に!)

Blacksn0wを入れるのであれば、Blackra1n RC3で脱獄をしてそのまま流れで、ってのが一般的なのかもしれませんが、RC3になっても相変わらずDiskAidでroot領域が見えないとか(Cydiaからafc2addを落とせば解決するのですが)、rootパーティションが750MB固定なところとかがちょっと気になったので、今回も Pwnage Tool3.1.4を使うことにしました。

まず、Pwnage Tool3.1.4で作った3.1.2のCFWを使って復元。 root領域は無駄に広めに2000MBを指定しました(使うあてもないけど)。
次にCydiaで「http://blackra1n.com/」をRepositoryに登録して、blacksn0wをインストール。

目立ったトラブルもなく、これだけで3.1.2+アンロック環境が構築できました。

Img_0005_3

インストール後、一時自宅のWiFiをつかまない現象が起こったのですが、【設定】→【一般】→【リセット】→【ネットワーク設定をリセット】と選んで設定をリセットしたところ、それ以後は常にWiFiをつかむようになりました。

これだけだと留守電ボタンが使えないなど、docomo SIMでの運用がちょっと不便なので、docomoのCarrierBundleをインストール。 さらに再度3.0で使っていたプロファイルを読み込ませて、完了。

前回気になったバッテリーの異常消耗ですが、今回は100%充電状態から6時間放置(3G、WiFi、BT、LocationともにON)で20%減となりました。

個人的には正常なレベルであると判断しましたので、このまましばらく使ってみようと思います。

※JB及びアンロックでの使用は、くれぐれも自己責任でお願いします。

|

« Blackra1nとBlacksn0w | トップページ | iPhone3GS + docomo でのスピードテスト »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126687/46679181

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone3GS 3.1.2 JB + Unlock( PwnageTool3.1.4 & Blacksn0w ):

« Blackra1nとBlacksn0w | トップページ | iPhone3GS + docomo でのスピードテスト »